楽天RMSログインから管理画面使い方

Date:2013.05.16

ここでは楽天RMSログインから実際のRMSの使い方、機能の特徴を解説します。

楽天RMSログイン画面

まずは楽天RMSのログイン画面から。

これが分からないという方がいらっしゃったりします。

楽天RMSログイン
https://glogin.rms.rakuten.co.jp/

 

楽天RMSの使い方・機能の特徴

次に使い方・機能の特徴を解説します。

1.R-Storefront お店を作る
主にホームページを作ったり商品登録を行ったりするところです。

2.R-Backoffice お店を管理する
主に受注処理を行うところです。

3.R-Datatool データを見る・分析する
売上データやアクセスデータを閲覧することができます。
PDCAを回す上では頻繁にチェックする場所です。

4.R-Mail メールを配信する
PC用のHTMLメルマガ、テキストメルマガ、モバイル用のデコメなどを配信することができます。

5.R-Cabinet 画像を登録・管理する
画像を登録することができます。
登録することのできる容量はプランによって異なります。

6.アフィリエイト
楽天アフィリエイト経由の売上レポートを閲覧することができます。

7.広告
楽天広告の購入や入稿を行うことができます。

8.楽天大学
楽天大学の申し込みを行うことができます。

9.コミュニティ
楽天ブログ店長の部屋の記事投稿や編集などを行えます。

10.各種申込&申請
店名を変えたいときとかポイント変倍を行いたいときなどはこちらから申請します。

ネットショップスタジオでは楽天に特化した楽天運営代行サービスを行っておりますので楽天で売上が上がらずお困りの方はお問い合わせください。