楽天トップページの存在意義 -リピーター戦略の肝-

Date:2013.05.17

楽天は商品ページが大事だとよく言われます。

この主張は理にかなっています。


楽天は商品単位のマーケティング 

なぜならこれは楽天自体のマーケティング構造に寄ります。

楽天はショッピングモールなので訪問客が楽天市場全体のトップページから
検索をして商品を比較します。

その結果お店単位ではなく商品単位で訪問客は移動します。

楽天は商品単位のマーケティングとなるため入口が商品ページになります。
よって商品ページが重要なわけです。
商品ページから入ってきた訪問客にいかに購入してもらうかが重要なわけです。


トップページの意義はリピート戦略

ではそうなると楽天トップページの意義って何なんでしょう。

トップページをせっかくお金かけて作っても必要性がないのなら
全く無駄金だったということになります。

結論から言いますとトップページは必要です。
ですがそれは新規獲得のためではなくリピーターのためです。

新規顧客は商品ページしかほとんど閲覧しないですが
リピーターはトップページを見ます。

お店のことが好きなのでトップページに来て何か変化がないかを確認します。

そんなときに面白い企画だったり新しい商品だったりが紹介されていたら
興味をひかれ購入に結びつきます。

新規顧客1名を獲得するコストと比べてリピートしてもらうコストの方が一般的には安くつきます。


リピーター戦略の肝となるトップページ。
ぜひ整えてみてください。