食グルメECの構築するキーワードは「安心感」

Date:2014.06.09

グルメサービスの舞台は多様化へ
奮起して起業する際に、Eコマース初心者や同じくECサイトをこれからあらゆる人脈やクラウドといったインフラを駆使して立ち上げようとする人は今も尚多い。そこで過去からも今に至っても、「食・グルメ」の分野で自分の起業家としての可能性を信じて立ち上げる人も少なくないと言える。そもそも、当然のこととして人は"食べる"ことを生活の一部としていることが理由の一つといえ、その需要自体が尽きることが無いのは他でもない事実であり、その上で「付加価値」を提供できるかということが大切なポイントと成ってきている。たとえば、食のライフスタイル自体をサービスとして提供するといったことが既にサービスの一環として出来て来ているといえ、多くはデリバリーとして弁当や料理の食材などを配達することが主な事業形態といえそれをECの一部として提供することは、収益の大きな鍵と成り得る。

"決めごと"を「プロ」から学ぶ
食グルメのサイトは最近では本当に多種多様で、ECサイトに限らず食のレシピを専門に掲載した人気サイトなど、ECサイト運営の際には非常に参考になると言える。たとえば、チーズひとつの画像を掲載するにしても、画像のサイズの高さや幅といったピクセル形式に商品写真をより良く美味しそうに見せる為の"決めごと"を設けるのだ。どれ位の大きさが良いのかということは、写真の専門家に相談したり、インターネットで調べれば差ほど難しくはない。また、それ位のことを「面倒だ・・」と思うような経営ビジョンであればそもそも収益化できるECサイトづくりは明らめていると同じという意識付けを早いうちからしておくべきだし、サイト構築の重要な目的に沿った商品写真が揃わないという自体が容易に想定出来てしまうのだ。

ネットを利用することのデメリットを変える
日常から良く行く外食などの飲食店だけでなく、インターネットを使用した食ECサイトにも「安心できる食品」は大前提といえるし、それを顧客に知ってもらうコンテンツとしてもつくり上げて行かなければ成らない。先ずは、扱うメイン食品・食材を決めお客さまに提供する為に、その食品の"プロフェッショナル"になることが重要だ。つまり、お客様に安心して美味しい商品を選んで貰えるように、ECサイトの構成からすべてに於いて「拘り」を持つことといえる。たとえば、商品全てに原材料表記の仕方を生産者から写真付きで表示し安心感を与えるなど、カタログ形式を使ったりなどしてホームページとしての質を上げることでサイト訪問者のリピート率を上げていくのだ。