ネットショップ店長に必要なWEBの知識

Date:2012.09.11

ネットショップ担当者はWEBの知識があった方が好ましいです。

ある意味良い業者を見つけて仕事ふってしまえばそれで成り立つと言えば成り立ちますがより売上を望むのならWEBの知識を身に着けるべきです。

具体的に何を身に着けるのかという話ですがそんなに酷なことは言いません。
普段商品の仕入れだったり検品、発送、スタッフの管理と忙しい店長に対してせっかくホームページの部分は外注できるようになったのにゴリゴリでHTMLを書けるようになるべきというのは酷なことです。

ただ1つだけ。とにかく他のサイトを見まくってもらいたいです。
他のサイトをよく見ることで2つの点について詳しくなってきます。

 

1点目は機能です

こういうことができる、こういうリンクの設置の仕方があるということがだんだん分かってきてそれを業者に伝えることで実現ができます。
業者は他社ができることはたいていできるので。

 

2点目は見せ方です

ネットショップの場合は商品やキャッチコピーの見せ方でコンバージョンが大きく変わります。
これは店長が指摘しないとなかなか業者には伝わりづらい部分です。業者は店長ほど商品には詳しくないので。

この2点を見るだけでも店長がWEBに詳しくなることが必要です。
WEBに詳しくなければ業者任せになってしまい大変リスクの高いネットショップ運営になります。

ネットショップ店長に就任した際にはぜひ数多くのサイトを見てください。

ネットショップ店長育成を難しいとお感じの方はネットショップ運営代行業者に発注をするという選択肢もあります。
ネットショップスタジオでも対応可能ですのでご興味のある方はお気軽にお問合せください。