楽天集客は商品で行う

Date:2012.09.10

楽天などのショッピングモールと自社サイトでは集客に対する考え方を完全に切り替える必要があります。

楽天での集客を考えるときそのショッピングモールという特徴に留意する必要があります。

すなわちショッピングモールでの訪問客の動きは
ショッピングモール上で商品を検索し一覧で表示させ1つの商品を見ては戻り別の商品を見ます。

ショップ側からしたら商品ページだけ1ページ見られて気に食わなければ帰っていってしまう流れです。

要するに楽天の場合訪問客は商品単位でお店を探しているわけです。

ということは集客をどうすれば良いのか。
思い切って言ってしまえば特集ページとかオリジナルコンテンツを充実させても無駄です。

商品単位で入ってくるんだから商品を充実させないといけない。
思い切って言ってしまえば売れる商品をたくさん集めてこなければならない。

これが楽天での集客の仕方です。


自社サイトはページ単位

一方自社サイトの場合は訪問客の動きが異なります。

自社サイトの集客手段は主にはSEOとリスティングです。
訪問客はキーワード検索をしてページ単位で入ってきます。

もちろん商品ページからも入ってきますが主に独自のコンテンツがある場合などSEOには強いので特集ページから入ってくる可能性が高くなります。

よって自社サイトの場合はとにかく売れている商品を入れてくるというよりも独自性のあるコンテンツを用意することで集客をすることが可能です。


以上のことから楽天に強いショップ、自社サイトで強いショップというのも見えてきたりします。

同じ感覚で売っていてはダメです。必ず戦略を使い分けてください。