東北関東大地震を受けてネットショップがすべきこと

Date:2011.03.20

この度は東北関東大震災で被災された方に心よりお見舞い申し上げます。
今後復興というとても大変な作業が残されているかと思いますが
弊社はネットショップの運営代行業者としてお手伝いできることを考え
できる限り復興のお手伝いをしたいと考えています。

今回の大震災によってネットショップが被害を受けているのは間違いありません。
東北地方と一部関東地方の物流が麻痺しているのですから当然売上が下がっています。

大体売上高は通常時に比べて7~8割程度になっているようです。
これは東北地方と一部関東地方の物流割合から考えると妥当な数字に思えます。
西日本にはほとんど影響がなく注文の量が減るといった傾向はほとんど見られません。

ただし中には水や食料などの生活必需品を扱っているショップは売上を伸ばしています。
この非常事態に生活必需品を相当量販売できるのはとても良いことだと思いますが
適正価格での販売を強くお願いします。

今後東北地方と一部関東地方の物流が回復すれば
それに合わせて売上も回復してくることが予想されます。

そして復興のためには被災地にモノが必要となります。
そんなとき必要な商品を適正価格で販売できるネットショップの力は必ず復興の助けになると思います。
利益の出る範囲で東北地方に対して何か商品にプラスアルファをつけるといったサポートも可能なはずです。

少し戦略的に考えると今震災を受けて東日本のネットショップは動きが悪くなっています。
物流が動かない、交通網が混乱、停電問題などあればそれは仕方がないことだと思います。
大手であればあるほど注文を受けても配送できない量が多かったり
社員を自宅待機にさせたりと動きを鈍くせざるを得ません。

ただし中小企業であるネットショップがその流れに歩調を合わせる必要はありません。

もちろん売上が下がっているのですからここでバンバン広告を打ったりなど攻める必要は全くないと思います。
ただし売上が下がっているからこそ空いた時間があるはずです。

大手企業が止まっている今だからこそ
東日本の物流が混乱し回復するという大きな動きが起こる今だからこそ
その動きに対する準備を整えておく必要があります。

今まで配送に追われてできなかったページ内導線を見直してみてはいかがでしょうか。
売れ筋の商品ページを作り直しても良いかも分かりません。
HTMLメルマガのテンプレートだって見直すのは今のうちです。
モバイルのページも見やすくできているでしょうか。
商品登録を進めることだってできるはずです。
そして震災の復興に自分のショップが何をできるかを考えることもできます。

西日本のショップは基本的には被害を受けていないわけなので準備を進めているはずです。
東日本のショップでもこれらのことやっているところはやっています。

今動きを止めて物流が回復してよーいドンとなったとき
動きが止まって何もできていなかったショップをなぜか震災中にページが良くなっているショップが上回る可能性はおおいにあります。

何もできていなかったショップは結局売上が回復して発送に追われて今まで通り何もできなくなるのです。

物流が回復するまでにやれることはやりましょう。
そしてモノが必要となる復興のために自分のショップで協力できることを考えてください。

弊社でも被災地のネットショップに対して何かできることはないか模索しています。