ネットショップ運営を自社でしない理由

Date:2011.04.03

時々クライアントから
「御社はそれだけネットショップのノウハウを持っているのになぜ自分達でやろうとしないのか」
という質問を時々受けることがあります。

純粋に聞きたいということもあるでしょうし
本当はネットショップというものは売れないのではないかという疑いもあるのでしょう。

実際ネットショップを売れないと思っている方は多いようです。
確かに本当に利益を上げられているショップに比べたら上げられていないショップの方がはるかに多いし
そういったショップの関係者達が廃業した後に悪い噂を振りまくのがその理由かなって思っています。

それはさておき、なぜ自分達でやろうとしないかという答えに関しては
餅は餅屋だなという思いがあるからです。

弊社では確かに商品があってそれに対してネット上でどうやってアクセスを集めてきて
どうやって商品を見せて購入してもらうかというノウハウは持っています。

一応それを売りにしていますしそのために日々情報を集めています。

ところが商品の仕入れ・開発となるとまた別の能力が必要となります。

これはリアル店舗でも同じことだと思いますがネットの場合も商品の仕入れが非常に重要です。
当たり前ですが顧客が求めているものを低価格で仕入れてくる必要があります。
特にネットショップの場合は一般的には商品を多く扱う必要がありますので仕入れの量も多くなってきます。

これには人脈が非常に重要になってきます。

弊社ではそういった仕入れの人脈を構築していくよりも
自分達が得意な部分を伸ばしていくこと
すなわちネット関連の人脈だったり技術だったりをブラッシュアップしていくことが必要なことだと考えています。

弊社としては良い商品を仕入れ・開発できる能力を持っている方をサポートしたいというよりも
どちらかと言うと良い商品仕入れ・開発できる能力を持っている方とパートナーシップを築いて
ショップを成功させたいという思いが強いです。

ジャンルも売上規模も何でも良いですが
商品に愛情を持っていて他人に自慢できるようなものを持っている方とビジネスやれるとやりがいがありますね。