楽天売れるバナー制作の極意

Date:2013.05.20

楽天ショップを運営しているとバナー制作は避けては通れない道です。

バナーのない楽天ショップなどは基本的にはあり得ないでしょう。


バナーの役割はクリックされること

そもそもバナーとは何なのか。
商品もしくはカテゴリに誘導するための画像リンクのことを言います。

フォトショップ等を使って写真と文字を組み合わせて画像を作りそれを設置します。

そもそもバナーとは何なのか。
商品もしくはカテゴリに誘導するための画像リンクのことを言います。

フォトショップ等を使って写真と文字を組み合わせて画像を作りそれを設置します。

ではバナーの役割とは何なのか。

2つあります。
クリックしてもらうことと内容を目に留めてもらうことです。

目に留めてもらうことでこういった商品も扱っているんだ。
こういったキャンペーンをやっているんだということを認識してもらえます。

訪問客がまた何かの機会にその商品が必要となった場合戻ってきてくれるかも分かりません。

そしてより重要なのがクリックしてもらうこと。
訪問客をより自分の求めているページへと誘導し購入に結びつける必要があります。
また、訪問ページ数が増えれば増えるほど購入率が高いという結果も出ているのでバナーをクリックすることで購入されやすくなるとも言えます。

 

クリックされるバナーとは

ではクリックされるバナーとはどんなバナーなのか。

1.テキストと写真の面積は50%ずつ
ネットショップの場合商品の写真も魅力的に見せつつその商品のコピーも大きく見せる必要があります。
両方を効率良く見せるために面積は50%ずつにしましょう。

2.人を使ってアイキャッチ
人の画像があるかないかでは目に留まる留まらないが全く変わります。
人の画像があった方が目に留まりやすくクリックもされやすいです。

3.フォントで遊ぶ
楽天バナーの特徴としてテキストをしっかり見せる必要があります。
フォントを工夫してより内容を伝わりやすくする必要があります。


このように何気に貼ってあるバナーにも様々な要素が存在します。
ぜひ売れるバナーを作ってみてください。