ニュースリリースを武器にする

Date:2014.02.12

ニュースリリースは、集客の大きな武器

「ニュースリリース」という言葉を耳にされた事がある方は多いでしょう。これは広報で使われるものです。メディアに対して、企業からの情報を配布するものですね。対してECサイトの集客は、主にWebマーケティングの分野となります。マーケティングと広報、ともに広く告知していくものですが、それは違う分野になります。
さてマーケティングで大きな割合を占めるもの、それは広告です。本来であれば必ずしも同じものではないのですが、現実的にはこうなっている場合が多くあります。広告は大抵の場合、お金を出す事で掲載してもらえます。広告の規定に合わない内容などを除けば、それが原則です。一方広報は、お金をいくら出しても掲載してもらえるかは分かりません。そもそもお金のやり取りが発生しないものです。では何が掲載の基準になるかと言えば、「それがニュースとして価値があるかどうか」です。価値があるとは、多くの人が関心を持つかどうかと言う事です。

 

Web時代の広報戦略

Webがメディアとして大きな割合を持ってきても、その本質は変わりません。ネットメディアであっても記事としての掲載基準は、「それがニュースとして価値があるかどうか」です。記事と広告の枠とは、新聞やテレビの場合と同じように区分けされているのです。
ただし、大きく変わった事が一つあります。
“リリースを受け取る→記者が内容を見る→興味を持ったら、記事に書く”。
そんな流れを経て初めて新聞や雑誌に掲載されたり、あるいはテレビやラジオで取り上げられていたニュース記事ですが、今は違います。ネット上では企業が出したリリースそのものが掲載される場合が多いのです。つまり記者が事前に内容に目を通す事無く、記事に書き起こす事もしないのです。企業からリリースとして出されたものが、機械的にニュースサイトに掲載されていくのです(プログラムや人の目で一通りチェックされている場合もありますが)。
つまりニュースリリース≒メディアだけが見るもの、では無くなっているのです。リリースされた内容は、インターネット上で多くの人の目に留まるのです。もちろんそこから、あなたのWebサイトへも流入が期待できます。本来であれば必ずしも集客活動では無かった広報に目を向ける事で、あなたのWebサイトに人が集まってくるかもしれません。これはあまりWebマーケティングの本には載っていない手法ですが、既に多くの企業が取り組んでいます。ぜひ集客ツールとしてのニュースリリースを考えてみましょう。