ロングテールSEO対策

Date:2010.12.25

ネットショップにおいてロングテールSEOはとても有効です。
というかもはやこんなにSEOが流行している時代で
メガキーワードでSEOをかけることなど不可能に近いですので
ロングテールSEOを行うよりないです。

ロングテールSEOが何なのかと言いますと
平たく言えば競合の多いキーワードで少数のページにSEOをかけるのではなく
競合の少ないキーワードで多数のページに対してSEOをかけるということです。

ではどのようにすれば良いかと言いますと
基本的にはどんどん商品を登録していけば良いです。

商品登録をすればするほどページが増えてきますので
検索に引っかかる機会が増えていきます。

ただしその際1つだけ意識してもらいたいことがあります。
商品名をどうするかです。

基本的にSEOにとって最も重要なのがページタイトルです。
大体のネットショップシステムでは商品名がそのままページタイトルになります。

よって商品名を検索を意識したものにする必要があります。

これだけである程度の検索対策となり
簡単ですがロングテールSEOと言えるでしょう。

基本的にSEOを故意的にやることはyahoo、googleは禁止していますので
まっとうにやっておいた方が良いです。

後できるとすれば外部にブログを作って
商品ページをアップする度に外部リンクを張っていくという程度でしょうか。
面倒ですが…

株式会社Eストアが提供しているショップサーブというシステムなどは
商品登録をすると自動的に複数の外部サイトにその商品が表示されるため
外部リンクが自動生成されSEOにはなかなかに強いです。

ロングテールSEOはとても有効です。
どうぞお試しください。