売れるカテゴリページとは

Date:2010.12.24

売れるカテゴリページとはというやたら期待値が上がってしまうタイトルにしてしまいました。

要するにカテゴリページとはどういうものかそしてどのようにすればより良くなるのか
というところについて書いていければと思います。

ネットショップは3種類のページから構成されています。
トップページ、商品ページ、そしてカテゴリページです。

カテゴリページとは商品を同一カテゴリでまとめたページのことです。
商品点数が多いとユーザーが希望の商品にたどり着きづらいのでこのカテゴリページというものが存在します。

一般的にはネットショップのショッピングカートシステムを利用すればカテゴリページは自動生成されるようになっています。

すなわちカテゴリを登録して商品をそのどこかのカテゴリに属するよう設定すればカテゴリページに商品が自動的に並びます。

ではどうすればカテゴリページをより良くできるのか。

はっきり言いますとそこまで手を加える必要はありません。
なぜなら商品が自動で表示されることによって
カテゴリページはその使命を果たしていると言えるからです。

それじゃああんまりなのでできることを書きます。

カテゴリページの商品の表示され方って結構単調で目立たなかったりします。
それでもくまなく見ていってくれるユーザーは良いのですが皆がそんな悠長なユーザーとは限りません。

これを解消する方法としてカテゴリページのHTML挿入部分に売りたい商品をより目立つように表示させるという方法があります。

意外にユーザーは商品が一様に並べられているよりお勧めされている方が買いやすかったりするのです。

商品の表示のされ方をシステムをいじって変更するという方法もありますがこれはなかなか高度な技術を要しますので
プログラミングが得意な方かお金がいっぱいある方はご検討ください。

以上売れるカテゴリページに関するお話でした。