楽天商品ページ作り込みランディングページ制作の際に必要な要素

Date:2013.02.13

楽天商品ページはダラダラと長く作り込まれているものが多いです。
これは楽天市場自体が商品ページ中心のマーケティングだということに起因します。

ではどのように作り込んでいけば良いのか。
それを説明するために必要な要素という観点で説明していきます。

特徴説明

これは言うまでもないですね。
普通に商品ページを作り込もうとすればまず思いつく内容だと思います。

ベネフィット

これは重要です。
普通に商品ページを作り込もうとしてもなかなか思いつきづらい部分です。

商品の良さではなくその商品を買った顧客がどのような利益を得られるかという点を主張することです。
例えば洋服だったらかっこよく着こなして街を歩いている写真など食品だったらおいしそうに食べている写真など
どいうことになります。

ポップ

金額だったり送料無料だったりお得感をまとめたものになります。
楽天のシステムでは金額の表記が小さいのでお得感を出すためには大きく表記したいですね。

具体的数値

何万台突破、全国で何万人が使っています!等具体的数値を表記します。
数値は目をひきますし客観的評価にもなるんですね。

楽天ランキング掲載

客観的評価というやつです。権威付けになります。
楽天商品ページの場合は楽天ランキングが最も効果的です。

レビュー

これも客観評価です。
楽天の場合は機能としてレビューを書いてもらうことができるのでその内容を抜粋して掲載すると良いでしょう。

回遊リンク

楽天などモールの特徴として他店舗と比較されてしまいます。
それを自社製品どうしで比較してもらう流れを作るために回遊リンクの設置が必要です。

基本的にどんな商品ページもこれらの要素の組み合わせで作られています。
ぜひ実践してみてください。