ネットショップ出店先一覧

Date:2012.11.20

ネットショップが出店先として検討できる、すなわち売上が立って商売として成り立つ可能性のあるショッピングモール一覧です。
近年売上を伸ばすためには1つの出店先にこだわるよりも複数の場所に出店するという手法が良く取られます。

そんなときの参考になれば良いと思いまとめました。

楽天市場

いわずと知れたという感じでしょう。2012年現在では流通額はダントツでNo.1です。
各ショップごとの売上もおそらく最も上げやすいと思います。
ショッピングモールに出店するのならここを押さえておかない手はないと思います。

アマゾン

最近ヤフーショッピングを抜いて流通額2位に躍り出ました。
ホームページを持つ必要がないので管理が楽です。
売上歩合は高いですが管理費がかからない点を考えると結果的に最も利益率が高くなるという試算も出ています。

ヤフーショッピング

流通額がアマゾンに抜かれました。ショッピングモールの形式としては楽天市場と酷似しています。
楽天市場と比べると流通額は3分の1程度。楽天市場の縮小版と考えれば良いでしょう。

基本的には各ショップの売上も楽天の3分の1は売れるはずですがどうしても楽天が売れるためそちらに力を割いてしまい3分の1も売れていないことが多いです。

ビッダーズ

モバイルが強いショッピングモール。10代男女など若年層向けには良いショッピングモールです。売上規模も十分取れると思います。
ただしPCはあまり売れたのを見たことがありません。

ZOZOTOWN

アパレルに特化したショッピングモール。
アパレル商材に限られますが市場規模としては大きく楽天までとはいかないまでも大きな売上が見込めます。

Gマーケット

まあまあ市場規模があるとのこと。現在調査中。。。

ぐるなび食市場

食品に特化したショッピングモール。現在調査中。。。

ヤマダモール

ヤマダ電気が手掛けるショッピングモール。今のところ成功事例は入ってきていない。

ポンパレモール

リクルートが手掛けるショッピングモール。2013年春にオープン予定。
プレスの情報ではかなり力を入れるようなので要チェックです。

関連するノウハウ

【2021年7月発表】2020年EC市場規模・EC化率の分析と解説。メーカー企業が今後とるべき戦略|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2021.09.19
【2021年7月発表】2020年EC市場規模・EC化率の分析と解説。メーカー企業が今後とるべき戦略

コロナ禍と販売商品の移り変わり|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2021.05.17
コロナ禍と販売商品の移り変わり

2020年楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー受賞店舗から見る店舗にとって大切な事|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2021.02.02
2020年楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー受賞店舗から見る店舗にとって大切な事

コロナ禍におけるトレンド前倒し需要|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2021.01.19
コロナ禍におけるトレンド前倒し需要

SNSとECの融合|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2020.12.20
SNSとECの融合

予測!楽天スーパーSALEの行方|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2020.12.03
予測!楽天スーパーSALEの行方

Yahoo!ショッピングの異変と今後の方向性|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2020.11.17
Yahoo!ショッピングの異変と今後の方向性

楽天市場の近況とこれからの方向性|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2020.09.03
楽天市場の近況とこれからの方向性

コロナ禍のもう一つのプラス要因|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2020.06.17
コロナ禍のもう一つのプラス要因

ecトレンド(2020年5月中旬〜6月)|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2020.05.31
ecトレンド(2020年5月中旬〜6月)

コロナショック後のECを考える|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2020.05.03
コロナショック後のECを考える

新型コロナウィルスによるEC業界の変化|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2020.04.15
新型コロナウィルスによるEC業界の変化

どうなった?楽天市場3,980円以上送料無料の「その後」|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2020.04.01
どうなった?楽天市場3,980円以上送料無料の「その後」

楽天市場3,980円以上送料無料施策の行方|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2020.03.15
楽天市場3,980円以上送料無料施策の行方

楽天3,980円以上送料無料問題に向き合う|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2020.03.03
楽天3,980円以上送料無料問題に向き合う