ネットショップの作り方

Date:2012.11.15

1.取り扱い商材の決定

これがなければネットショップは始まりませんよね。
小売店であれば仕入れ先との交渉、メーカー・卸売であれば自社製品の中からの選定もしくは他社からの仕入れも検討という形になります。

ネットで売れそうなものを考えるわけですがまずはアップしてみないと何が売れるかの判断はなかなか難しいので
最初は取り扱える範囲でできる限り多く取り扱うというスタンスで良いかと思います。


2.出店場所の決定

商品が決まれば次は出店場所の選定です。
出店場所は大きく分けてモールと自社ネットショップの2パターンに分けられます。

モールは商品単位、自社はページ単位の集客となります。
商品単体で勝負できる場合はモール、商品のまとまりで勝負したい場合は自社と考えて良いでしょう。


3.モールの選定(モールを選んだ場合)

モールに出店を選んだ場合モールにもいくつか種類があるのでその中からさらに選ぶ必要があります。
現在のところ楽天市場、ヤフーショッピング、アマゾン、zozoタウンなどが考えられます。
2013年リクルートも参入してくるというのがどうなるのやら。。。


3.ショッピングカートの選定(自社ネットショップを選んだ場合)

自社ネットショップを選んだ場合ショッピングカートシステムを選定する必要があります。
ショッピングカートシステムとはネットショップの決済機能から商品アップ機能、受注管理、顧客管理など
ネットショップ運営に必要な機能が包括的に詰まっているシステムのことです。

大きく分けてシステムをレンタルするタイプのASPショッピングカートと自分自身でインストールしカスタマイズしていく
オープンソースショッピングカートの2種類に分けられますが最初はASPショッピングカートを使った方が無難です。

 

4.ドメインの決定

ドメインとはインターネット上の住所のようなものです。

http://www.

から始まるやつです。

まだ取得されていないドメインであれば自由に取得できます。




5.ホームページの制作

モールにしろ自社ネットショップにしろシステム内にHTMLやCSSを書き込むスペースがありますので
そちらを利用してホームページを制作します。

自作も可能ですがホームページ制作業者に依頼した方が無難です。



6.商品アップ作業

ネットショップの肝、商品をアップします。
各システムを利用すればブログを書く感覚でアップしていけます。ブログよりは少し大変ですが。。。
後はCSVを使用して一括でアップすることも可能です。



7.店舗設定作業

送料の計算方法だったり決済手段だったりを設定していく作業です。

クレジットカード決済が必要な場合は別途契約が必要となります。
ただし各モール、ショッピングカートシステムとも提携している決済代行業者があるのでそこまで煩雑な手続きではないです。



8.オープン

これだけできれば晴れてオープンとなります。
モールの場合はホームページの審査が必要な場合もありますのでその場合は審査内容に従ってください。 後は集客です。頑張ってください! 弊社でもネットショップコンサルティングを行っておりますのでよろしければm(_ _)m