3C分析事例と方法

Date:2013.05.24

3C分析とは経営戦略を立てる上でのフレームワークの1つです。

3CとはすなわちCustomer(市場・顧客)・Competitor(競合)・Company(自社)の3つの頭文字のことです。

この分析を行うことで自社がどのような戦略を取るべきかの指標となることができ
経営戦略を立てる上での基本の分析メソッドと言えるでしょう。

 

ネットショップにとってはCompany(自社)が重要

さて、今回はECサイト・ネットショップにとっての3C分析とはどのような方法を取れば良いのでしょうか。

まずネットショップにとって最も重要なCはCompany(自社)です。

自社の資産を良く知ることから始まります。
取り扱える商品はもちろんですし自社の従業員の質、各業者との関係性、
経営陣の人脈・キャラクター、会社の沿革ect..

自社の資産を良く知りどのような市場なら打って出れるのかを良く分析します。

 

ネットショップで市場は無数に広がっている

ネットショップにとって次に重要なCはCustomer(市場・顧客)です。

ここがネットショップ特有なのですが切り口を少し変えることで
無数の市場が広がっていることになります。

自社の資産を良く分析した後にあらゆる市場の切り口を見つめながら
どの市場に参入するかまた複数の市場に参入するのかを決定する必要があります。

 

重要ではない競合分析

最後のCがCompetitor(競合)です。

実はこのCはネットショップにおいてはそこまで重要ではありません。

なぜならネットショップの場合上記したように切り口を変えることによって市場が無数に存在することになります。

よって競合というのはほとんど存在しない場所で戦うことができます。
ですので競合を意識するよりも競合のいない市場を意識する方が重要となります。

これがECサイト・ネットショップにとっての3C分析となります。
やる・やらないでは結果が大きく変わってきますので大変な業務の中かとは思いますが一度立ち返って行ってみてください。