ネットショップseo対策

Date:2013.01.24

ネットショップSEO対策を行う上での注意点

ネットショップをオープンすると最初に取り掛かることはSEO対策という場合がかなり多くあると思います。

ネットショップは売上を上げることが目的ですから仮にサイトがしっかりできていると仮定すると
後は人を集めてくることをしなくてはなりません。

人を集めてくるとなったときにまず思いつくのがSEO対策です。
無料で行える集客手段ですしそもそもインターネット上にサイトをアップしている限り
SEO、すなわちgoogleからのサイトの評価を上げるという意味合いに近いですが
を行わない手はないということです。

googleが嫌うコピーコンテンツ

さて、ではネットショップにとってSEO対策を行う上での注意点を書いておきます。

それは商品ページがコピーコンテンツとみなされるというところです。

googleはコピーコンテンツをとても嫌います。
それはgoogleの立場にたってみれば分かることで
googleで何かキーワードを入れて検索したときに検索結果が全て同じ内容のページであったならどうでしょうか。

ユーザーはいくつかサービス、商品を比較したくて検索しているのに
全て同じ結果が表示されて「使えねーな、この検索エンジン」となってしまうわけです。

逆にオリジナリティのあるページが例えば1位〜10位まで表示されたらユーザーにとっても利益があるのです。
googleはそういう形を好みます。

商品ページがコピーコンテンツになる

ここでネットショップのSEOに立ち返ってみると
商品ページは小売店であれば他の小売店でも同じものを売っている可能性が高く
メーカーであれば卸先が同じ商品を売っている可能性が高いです。

場合によってはメーカーがページを作りその内容を提供していたりするので
全く同じ、いわゆるコピーの商品ページがいくつも存在することになってしまいます。

こうなってしまっては先の説明の通りgoogleに嫌われます。
すなわち検索順位が上がることはありません。

よってその状態からは逸脱する必要があります。
具体的には商品ページにオリジナルコンテンツを挿入する必要があります。

何百、何千と商品を扱っていた場合はオリジナルコンテンツを用意するのも大変だとは思いますが
近年よりgoogleのコピーコンテンツを判別する機能も向上してきているので
オリジナルコンテンツを用意できた者が勝つという状況にもなっています。

商品ページのオリジナルコンテンツ、ぜひ意識してみてください。

関連するノウハウ

納期の重要性|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2021.06.17
納期の重要性

外部物流の活用法|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2021.04.17
外部物流の活用法

新規顧客の客単価アップを目指す!|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2021.04.05
新規顧客の客単価アップを目指す!

適正在庫の見極め方(コロナ禍編)|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2021.03.17
適正在庫の見極め方(コロナ禍編)

販売数アップのための着目点|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2021.03.03
販売数アップのための着目点

販売価格設定の基本概念|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2021.02.18
販売価格設定の基本概念

ネットショップスタジオのEC収益化のアプローチの仕方|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2021.02.02
ネットショップスタジオのEC収益化のアプローチの仕方

売りたい商品と売れている商品|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2021.01.02
売りたい商品と売れている商品

サービス提供のボーダーライン|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2020.10.18
サービス提供のボーダーライン

売上げが下がった時に着目すべきこと|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2020.10.03
売上げが下がった時に着目すべきこと

楽天市場のリピート施策|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2020.09.19
楽天市場のリピート施策

広告の更新頻度|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2020.07.18
広告の更新頻度

検索機能の陳腐化|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2020.07.01
検索機能の陳腐化

RPPとアイテムマッチの活用法|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2020.05.17
RPPとアイテムマッチの活用法

楽天市場でのアクセス人数定義変更|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2020.02.17
楽天市場でのアクセス人数定義変更