ブランディングマーケティングで売上UP

Date:2014.05.02

トラフィックをあげる為の数と質

ECサイトを効率良く運営していく為には、引き込まれる音声や文章、画素数やサムネイルに拘ったクオリティ高い写真などのデータといったトラフィックをより多く増やす、ということが挙げられる。トラフィックには単にそういったデータだけでなく、情報自体の交通量も示唆することがあるようにサイト訪問者にとってより良い役立つ情報が行き来しているサイトがあてはまる。そういった情報の量と比例して、閲覧のアクセス数も自ずと増え、トラフィックが潤滑化していくという仕組みができあがる。たとえば、チュニックニットのクリエイティブな商品写真ひとつにしても、ファッション系ECサイトは特に拘りや具体的戦略を立てることがオモしろい業界ともいえる。言うなればアパレル商品は、モデルとのタイアップが前提条件であることが多い為、その組み合わせが多くのサイト訪問者を留まらせるかどうかの決定材料と成り得るのだ。

 

商品写真の貢献性は結果についてくる

商品写真はアパレルECサイトにおいて、ユーザーにとっての購入意思決定の大きな判断材料であることは明確といえる。それを基盤にその写真に対する加工知識や色彩コーディネーターといった専門家をチームとして経営計画の一環に加えることで、大きな売上向上メソッドにもなるだろう。更に、1商品に対してのカラーバリエーションの数、撮影のコストやモデルの選定といったチームを上げての企画ミーティングを日々実施していくことが大切だ。ここからファッション雑誌や、ソーシャルで流行を踏まえながらのフェーズが必要不可欠と言える。具体的には、商品写真によって得られる「着た時の雰囲気」と、「商品の詳細情報」の2つがECショップ売上げアップにおける大きな意味合いを持つとともに、昨年比とどう変わってくるのかという、指標とも言える要素になるだろう。

 

運営におけるフェーズの簡略化

更には、”雰囲気”という要素は着ているモデルによって大きくイメージが違ってくるため、そのサイトにおける目的やターゲットに合わせたモデルを選ばなければならない。それにはファッションや流行に関心がある10代から30代女性がターゲットとするならリアルタイムなライフスタイルをマーケティングすることから始めてみる。たとえば、女性特有の体型の悩み、憧れの人気女性モデル、好きなファッション雑誌に至るまでトータルでマーケティングし、問題提起からその解決へ向かうようなブランディングが可能になってくる。ここから、モデルのようなカッコいい憧れの生活自体をファッションを通じて、トータルコーディネイトしていくという経営ビジョンが明確化され、運営自体の戦略もより簡略化できるというフェーズができあがるのだ。