ECサイト構築に架ける情熱と技術

Date:2014.04.21

知ってもらう事でコンテンツ化する媒体
ECサイト構築の大きなメリットとしては、小資金開設の他にインターネット環境さえあれば簡単にサイトが立ち上げられるということが挙げられる。つまり、首都圏でなければ売り上げがあがらないということではなく、如何にコンテンツとして面白いものがつくれるのかが”キモ”といえるだろう。最近ファッション分野のECサイトも活性化してきて、地方からも多くのネットショップが数多く立ち上がって来ている。しかし、生き残れるのはその中の極僅かというのは否めないのが現実で、逆に不況のまっただ中にあっても、生き残っていく為に地方の街でも面白いネタが沢山転がっていれば、サイト構築の企画立案材料に成り得るということもいえる。たとえば、カワいいファッションや最新の使ってみたいカッコいい媒体を10代、20代の若者にメッセージをダイレクトに伝える手段としてフリーペーパーというメディアを使ったり、お披露目のようなファッションイベントを開催して伝えていき「知ってもらう」ということが大切になってくる。それを、ECサイトコンテンツの一部として掲載したり肉付けすることで、メルマガ読者を増やすということも可能だろう。

 


第一印象はサイト構築のカギ
ファッションアパレル業界において、ターゲットや年齢層をどこに置くかということは重要であり様々な業種の中でも特に、「つぎにナニが流行るか」や、それに基づいた「活きたサービス」を考え抜き、受けいれられる媒体や商品をつくり上げ提供できるかという目利きとセンスが必要になってくる。たとえば、ホームページの冒頭に来るバナーやカバー写真、商品画像は人でいうところの”第一印象”にあたる部分で、オンラインショップとしてお客さんが次にまた訪問するかどうか、そのページを「もっと見たい!」といった、滞在時間にあたり大変重要な要素をしめる部分になるのだ。サイト運営においてリピーターは死活問題ともいえ、滞在時間はアパレルブランドの価値判断やファン拡大の獲得、商品の売り上げにも大きく関与してくるといえる。ただ、ここで大切なことは、ただ商品を並べても仕方がないということを最低限のルールとして知っておかなければならないだろう。

 

ターゲットの心理をついたブランディング
つまり、サイトを訪れた瞬間に胸がワクワクするような仕掛けをつくるということで大きく飛躍できるブランドECサイトへと変わっていく。たとえば、独自ブランドのイメージムービーや、ネットで人気のYoutube動画を使ったオンラインショップとしてのファッションブランディングは非常にサイトの質をクオリティ高く仕上げ、お客さんの心を掴むには効果的と言える。更に具体的には、プロモーションムービーはターゲットに受けいれられると想像できるモデルを選び起用し、動画中には商品販売ページへリンクするなどで、購入へと導線引きができるようになるというメリットをもたらすことが期待できる。