ネットショップ戦略ブルーオーシャンを狙う

Date:2013.04.26

独自ドメインECサイトに関するお話です。
切り口を変えてブルーオーシャンを狙う。
独自ドメインECサイトを運営する上で取るべき有効な戦略の一つと言えます。

 

その中でSEO対策とは言わずと知れたgoogle、yahooなどの検索エンジンの上位を狙うという手法で
非常にウェイトの高い集客手段の一つとなり独自ドメインECサイト運営を行う上では避けては通れない手法です。

その重要であるSEO対策に対して誤った取り組みを行っているECサイトが多すぎるように感じられます。
トップページ被リンクをつけて狙ったキーワードの上位表示を目指しているECサイトがとても多いです。

まず単発のキーワードで上位表示をさせたところでそんなに大したアクセス数は稼げません。
さらに大きな切り口のキーワードで集客したところでコンバージョン率も低いです。

さらにそういったキーワードは競合が多いため上位表示させるのに非常に苦労をします。
SEO業者に発注したら高額な料金を請求されるでしょう。

ECサイトにはECサイト用のSEO対策があります。
ECサイトSEO対策で語られるべきトピックは「ロングテールSEO」と「切り口マーケティング」でしょう。

 

 

 

まず独自ドメインECサイトにとって集客は大変な作業です。
楽天に出店してから独自ドメインECサイトを立ち上げた人はどれだけ楽天に助けられていたかを実感するでしょう。

独自ドメインECサイトの集客手段は大胆に切り分けてしまって2つです。
1つが検索エンジン。google、yahooのことです。

もうひとつがアフィリエイト経由です。
個人のブログだったりネットショップの比較サイト、ポイントサイトといったところからの流入です。

 

ECサイトはその構成上トップページ、カテゴリページ、商品ページが存在し数100ページ〜数千、数万ページと非常に多くのページ数が存在することになります。

そんな状況でトップページだけSEO対策を行うのもナンセンスです。
それぞれのページにおいてSEO対策を施し全体のアクセス数を上げる方が膨大なアクセス数が稼げる上にコンバージョンも上がります。

 

また、その際にも重要となるのが切り口マーケティングです。

結局のところロングテールSEOを実施するとしても必ず競合が存在します。
”おいしい”キーワードにはそれなりに競合が存在し結局上位表示させるのに非常に苦労します。

ではどうすれば良いのか。切り口を変えれば良いのです。

商品ページだろうがカテゴリページだろうがトップページだろうが切り口は1つではありません。
数多くの切り口が存在します。

これは断言できますがどんな商品だろうが切り口を変えることでブルーオーシャン(競合がほとんどいない市場)が広がっています。


これが独自ドメインECサイト運営を行う上の基本戦略。及び必勝の戦略となります。
伸びに伸びているEC市場の中でぜひ勝ってください。

ネットショップスタジオのECサイト運営代行ではブルーオーシャン戦略も実施しております。