多店舗展開のススメ

Date:2010.10.28

今回は多店舗展開に関するお話です。

現在はネットショップ業界全体にはまだ右肩上がりの成長を見せています。
ただし参入が比較的簡単な業界ですので競合が増えてきている状況です。

弊社のクライアントを見ていましても
以前より売上の伸びが少なくなってきている現状があります。

最も効率よく売上を上げる方法は多店舗展開をすることです。

ショッピングモールで言いますと楽天が最も強いですが
yahoo!も楽天を10とすると3ぐらいの売上は立ちます。

楽天で1000万円を売っているとすると300万円。
合計で1300万円です。

これは効率が良いと言えるのではないでしょうか。

楽天、yahoo!、ビッダーズ、amazon、自社サイト
と5店舗ほど展開するのが今の流れになっています。

さて、多店舗展開をする際に気をつけるべきことは
やはり管理をどうするかということです。在庫の管理であったり複数店舗の商品情報の一括管理、
複数店舗の受注の一括管理
といったところがネックとなってきます。

ただし今はその辺に答えるように各社
多店舗展開システムを提供するようになっています。

ここにいくつか紹介します。

サブスタ

サバスタ
多店舗展開ツールの草分け的存在です。

システムもしっかりしていて低価格で導入できますが
導入のサポートがないため
使い方は自分たちで見つける必要があります。

少し玄人向けのサービスと言えるかも分かりません。

 

EC店長

EC店長
最近スタートしたサービスです。

SAVAWAYよりも安く、
ポイントとしては導入のサポートを行ってくれます。

マイナスポイントとしてはSAVAWAYにはついてくる
自社カートシステムがついてこないところです。

この辺りよろしければ検討してみてください。