楽天バナーで商品を見せる

Date:2012.11.30

楽天市場と独自ドメインショップ、売れているお店を見比べてみるとデザインの見せ方が全く違うことに気付いてくるかと思います。

見せ方の違いはマーケティング構造が違うから

基本的に楽天の方が派手で独自ドメインショップの方が地味です。

もっと良く見てみると楽天の方がバナー中心で作っていてテキストがほとんどないです。
独自ドメインショップの方がテキストを多く作っていてバナーの数はそこまで多くありません。

その辺りの理由を解説していきます。

答えを言うと理由は楽天と独自ドメインショップのマーケティング構造の違いです。

楽天市場はあえてテキストを撤去

楽天市場は楽天市場内検索からの流入がメインとなりgoogleなど外部からの流入は少ないです。
少ないですしrakuten.co.jpの下層にページが作られるためSEOが実質不可能ということになります。

じゃあということでテキストを撤去してしまっているわけです。

テキストを撤去することによって2つのメリットが得られます。

1つは画像でより訴えかけるページを作れることです。
テキストよりも画像の方が目立ちますし表現の幅も広いですね。

もう1つは作業工数が少ないことです。
ページを量産することを考えると1ページ辺りの作業量というのはネットショップ運営に大きく関わってきます。

独自ネットショップはSEOを無視できない

一方独自ドメインショップの場合はSEOの流入を無視するわけにはいきません。

そう考えると全部画像で作るなんてことはできるわけがなく今度はできる限りテキストを多くする必要があるわけです。

もしかしたら本当はネットショップにとっては画像メインで作成した方が良いのかも分かりませんがSEOの事情でテキストメインのサイトになっているのかも分かりませんね。

ネットショップスタジオの楽天特化型ネットショップ支援サービス楽天運営代行では楽天で売れるバナーの制作もサービスに含まれています。