楽天検索対策

Date:2011.01.12

今回は楽天市場内の検索対策というか楽天市場内の検索機能そのものについてのお話です。

楽天ショップの場合流入の大部分は楽天市場内となるため
ここの検索対策は非常に重要となります。

さて楽天市場の検索機能についての特徴として1つ挙げられるのが
ワードのズレは拾わないというところです。

例えば「ジーパン」と検索しても「ジーンズ」などのキーワードは検索にかからない
ということです。

Googleなどの検索エンジンではもちろん拾いますのでこれは今後改善されるかも分かりません。

ただ現在ではワードのズレは拾わないので
ズレる可能性のあるワードは全て入れておく必要があります。

また、googleなどであるようにサイト全体やページ全体の内容を読み取り
その内容を判断するというところまですることはできないようですので
楽天検索が重要度を高く設定している箇所に狙ったキーワードを入れる必要があります。

楽天検索が重要度を高く設定している箇所は言うまでもなく商品名ですよね。
2番目はキャッチコピーです。

後最近はサジェスト検索も搭載されましたので
この辺りも意識してキーワードを入力していく必要があります。

サジェスト検索とは「ジーンズ」と入れたら「ジーンズ メンズ」とか出てくるやつです。

この辺りが楽天検索機能の特徴だと思います。
ぜひ対策してみてください!