ベネフィットを商品ページで演出

Date:2011.01.13

商品ページにベネフィットを掲載なさい。
これは非常に良く言われていることです。

ではベネフィットとは何なのか。
直訳すると利益。

お客様がその商品を購入することによってどのような利益を得ることができるかを提案しなさいということです。

よく言われる例が例えばシャツを購入する際お客様は綺麗なシャツが欲しいのではなくてそのシャツを着て外に出て
他の人よりもお洒落に見られたい。
ということです。

このことから考えると商品ページでシャツの生地や製造の過程などを延々と語るのはナンセンスということになります。

実際ショップ様は商品に対する思い入れが強いためこのようなパターンが良く見られます。

そうではなくてシャツをコーディネートして街で着こなしている写真を掲載する方がよっぽど重要なわけです。

もしシャツを探しているときにシャツの生地や製造過程を延々と書かれているページかお洒落にコーディネートして街を歩いているような写真をいくつか掲載しているページどちらの商品を買いたいなと思うでしょうか。

この辺り考えてみることが重要です。

ただしもちろんシャツの生地や製造過程も重要です。
お洒落にコーディネートして街を歩いているような写真を合間合間に読む人は読んでねというスタンスで紹介すると良いと思います。

もしご自身の商品を語りまくってしまっている場合は一度客観的にページを見てみてください。