楽天成功パターン2 -楽天ヒット商品ページ戦略-

Date:2013.05.08

楽天成功パターンの1つをご紹介します。


商材を幅広く扱えない場合はヒット商品戦略

その名もヒット商品ページ戦略。
これは楽天ロングテール戦略と対になる戦略で
どちらの戦略を選ぶべきかは扱える商材だったり会社の持ちうる資産だったりで変わってきます。

基本的に商材を幅広く扱えない場合はこのヒット商品戦略でいくべきでしょう。

1つこのヒット商品戦略で成功している店舗をご紹介します。
激安家具通販のロウヤさんです。

この戦略の特徴は登録する商品点数がそこまで多くないという点です。
多くは1,000点以内という状況がほとんどです。


商品ページの質を高めるべき

考え方としてはロングテールのように横に広くして拾っていくのではなく
1ページ辺りの販売量を増やして縦に深くして販売していく手法と言えます。

この戦略のポイントは言うまでもなく商品ページの質を高めることです。
転換率の高い商品ページを作り出す必要性があります。

ただしこの転換率の高いページを作り出すのは非常に大変だし労力もかかります。
全てのページをこのように作り込んでいてはお金がもたなくなるでしょう。

 

ヒット商品を選定する必要性

よって最初の段階で商品をある程度選定する必要があります。
どの商品をヒット商品とするかです。

それを決めたらその商品に対して転換率の高い商品を作り込み
そのページに対してアクセス数を集め購買してもらい結果としてレビューを溜めます。

そしてその商品がヒット商品に育ったら次に育てる商品を選定しそれを繰り返します。


ざっと書いたらこのような戦略です。
ヒット商品戦略、確実に勝つことのできる戦略です。

しっかりPDCAを回して勝てる楽天店舗経営を行ってください。