楽天転換率とは -目標と上げ方-

Date:2013.05.28

転換率とは楽天独自の表現方法です。


訪問してくれた中から何%が購入したか

訪問してくれた人数の中から何%が購入に至ったかという確率のことです。
成約率と言った方が分かりやすいかも分かりません。

また楽天以外ではコンバージョンと呼ばれています。


1%〜5%程度が一般的

では転換率はどれぐらいが平均的なのでしょうか。
扱う商材にもよるのですが1%〜5%程度が一般的な目標になるかと思います。

1%を切っているのであれば改善の余地があります。

ただし商材によっては10%を超える場合もあります。
その辺りは楽天店舗カルテからジャンルTOP10の平均が表示されるので参考にしてみてください。
ジャンルトップ10が12%とかるのならせめて10%ぐらいは目指したいですよね。

ではどうやれば転換率が上がるのか。

大きく分けて2つのアプローチが考えられます。
1つがサイト外要因、1つがサイト内要因です。

サイト外要因での転換率アップ

サイト外要因についてはどのようなキーワードで流入してきたかを意識してみましょう。

例えばナイキのスニーカーを扱っている場合
「スニーカー」のキーワードで流入してきた場合と「ナイキ スニーカー」で流入してきた場合とでは
後者の方が転換率が高くなるのは容易に想像できるでしょう。

このようにより転換率の高いであろうキーワードでのアクセスを多く稼ぐという方法が
まずサイト外部要因として転換率を上げる方法です。

サイト内要因での転換率アップ

サイト内要因についてはサイトの質、サービスの質全般が関わってきます。

商品ページでその商品の魅力がしっかりと伝えられているか。
商品ページから他の商品ページへの誘導はしっかりできているか。
トップページのデザインは信頼に耐えうるものであるかどうか。
決済手段は多くあるか。
配送までのスピードは早いか。
etc..

これらを改善することで転換率を向上することが可能です。


転換率が1%変わっただけで売上が大きく変わります。
ぜひ取り組んでみてください。