楽天内SEO対策 -検索上位表示を狙うために-

Date:2013.04.11

楽天市場に出店すると楽天市場内の検索結果に商品が表示されるようになります。

全体の60%を占める楽天検索結果からの売上

楽天市場全体の流通の中の楽天検索経由での売上が実に60%を占めています。
また、楽天検索全体の48.7%が1ページ目に表示された商品からの売上です。

よって全体の30%の売上が検索結果の1ページ目から発生していることになります。

さらに大きな話をするとEC市場全体が2013年現在(2012年のデータ)EC市場全体の流通が14.46兆円(オークションも含む)です。
楽天のシェアが28.8%なので楽天の流通が4.16兆円。

それの30%は1.25兆円。
1.25兆円が楽天検索結果の1ページ目から売れているのです。

これを狙いにいかない手はない!ということです。

レビューを増やすことで上位表示

楽天で検索上位を狙うためのテクニックは様々あるのですが大きくはレビュー数を増やすということになります。
基本的にレビュー数が多い商品が上位ヒットします。

レビューを増やすためにはとにかく買ってもらうこと。
もう一つはレビュー記載率を上げること。
この2つです。

とにかく買ってもらうためにはまずは転換率の高いサイトを作ってそれに対してアクセスを集めることです。
アクセスを集めるためには広告を打つという手段も考えられますが
ゆくゆくレビュー数が資産となって検索結果で有利に働くことを考えると損して得とれではないですが
最初の段階については広告費を持ち出しでという戦略も取りうることがでてきます。

レビュー記載率を上げるためにはレビューキャンペーンなどを実施する方法が考えられます。

キーワードの切り口を考える

レビューが増えたら次に行うべきことはキーワードの切り口を考えることです。

どのキーワードで攻めていけばアクセスが取れ競合がいないのか。
これが売上を左右するので非常に重要な要素となります。

本当は毎月結果を見ながらメンテナンスをした方が良いでしょう。

ぜひ皆さんも楽天検索結果の1ページ目に表示をさせて1.25兆円を狙いにいってください!

ネットショップスタジオの楽天運営代行サービスでは楽天SEO対策も標準でサービスに含まれております。
サービスの特徴についてはネット通販代行他社との違いをご確認ください。