楽天24とは

Date:2013.05.01

楽天が2010年に始めたサービスです。

楽天市場とは別のホームページを立ち上げて同じような見せ方で運営しています。


楽天独特のマーケットプレース型の強みと弱点

アマゾンと比較しての楽天の特徴として店舗がそれぞれ独自のホームページを持って
独自のキャンペーンを行っていくという言わばマーケットプレース型になっています。

それは楽天の強みであると共に弱みも混在しています。
それが送料の問題とサービスレベルの差異の問題です。

それぞれが独自のホームページを持ちそれぞれが独自の倉庫から発送を行うため
複数の店舗で買った場合それぞれの送料がかかるわけです。

例えば水とお米を買う場合、ドラッグストアで水を買って送料350円、
お米の専門店でお米を買って送料350円、
合わせて送料700円というあほらしい状況が発生します。

また店舗によってサービスレベルが違うため
水は注文した翌日に届いたのにお米は3日後にならないと届かないという状況が発生します。

 

アマゾンに対抗する措置の楽天24

それを解決するために立ち上げたのが楽天24と言えるでしょう。
要するにアマゾンに対抗する措置といったところです。

日用品、消耗品に絞っていくつかの楽天出店店舗に声をかけて商品を楽天の物流倉庫に集めています。
そしてそれを楽天市場と同じフォーマットのホームページ上で掲載し
そこのホームページ上で売れた場合は楽天の物流倉庫から発送します。

その際楽天物流倉庫に商品が集まっているため
複数店舗で購入しても送料は同じだしサービス内容も同じだというサービスとなっています。

具体的には送料が全国一律240円、3900円以上お買い上げで送料無料。
正午12時までにご注文の商品は翌日お届け。という内容です。

アマゾンの方がまだサービスレベルが高いですが
まあまあ対抗できているのではないでしょうか。

今後の展開は楽天の対アマゾン戦略次第

今後提携店舗を増やしていく予定だとはされていますが楽天市場とカニバリゼーションもあるでしょうし
そもそもアマゾンとどう競合していくかという戦略部分次第かと思いますので
どうなっていくかは見守っていく必要がありますね。