楽天検索順位対策成功の法則 大戦を避け局地戦で勝ちまくって最終的に競合を無力化

Date:2013.06.06

楽天での成功の法則を書いてしまいます。

競合と戦わない

まずこれが答えなのですが楽天検索において競合と戦う必要はありません。

孫子の兵法にもこうあります。
”百戦百勝は、善の善なる者に非るなり。戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり。”
要するに戦わずして勝ちなさいということです。


ビックキーワードで戦わない

これは楽天検索にも当てはまります。

楽天検索対策を行おうとすると最初に目がいくのは誰もが思いつきそうなビックキーワードです。
競合も強く、すなわちレビューがついている商品が非常に多い状況です。

ここで戦おうとするとひたすらレビューを溜めていくしかありません。
ひたすらレビューを溜めるというのはイコールひたすら売るということです。
競合よりも負けている中でひたすら売るということはひたすら広告を打つということです。

資本力がある企業でしたらそれも戦略の一つです。

ただしどんな大企業であろうとなかなか売上が上がっていない状況で予算を組むというのは難しいものです。
そんなときに取る戦略が戦いを避けるということです。


簡単なキーワードで勝ち続ける

ビックキーワードで戦うことをやめもっと簡単なキーワードで戦います。
すなわちこれは市場の話となります。
別の市場で戦うということです。

実店舗であれば別の市場で戦うことはなかなか難しいことですが
楽天においては簡単です。

それはキーワードの切り口を変えれば良いのです。

ブランド、機能、用途、一般名称、etc..
様々な切り口が存在します。

これらの切り口の中から競合が少なくかつ規模がある程度存在する市場で戦います。
これは競合が少ないので簡単に勝てます。

それが終われば次の市場に飛び込みます。そしてそこでも勝ちます。
それを繰り返し数多くの市場で勝ち続けます。

そうしたらショップ自体に力がつきいつの間にか競合がかなわない状況になり
先に負けていたビックキーワードでの戦いにも勝てるようになるのです。


ちょっと熱く語ってしまいましたがこれが楽天検索での成功の法則です。
ぜひお試しあれ。