楽天商品登録で重要な商品管理番号

Date:2012.12.19

ネットショップに商品登録はつきものですが商品登録をする際に必ず管理番号を設定する必要があります。

この管理番号について比較的始めたばかりの方は適当につけていたりしますが
これを適当につけていると後で痛い目を見ます。

変えられない管理番号

管理番号というのは例えば楽天市場やヤフーショッピングの場合それがそのまま商品ページのURLになります。
また一度設定したら変更ができない場合が多いです。

楽天などの場合商品ページに対してレビューがたまっていくので商品ページを削除してしまったら
今までためた大事なレビューが消えてしまうわけです。

管理番号を変えるとなった場合URLも変わるということなので
一旦あった商品ページを削除して新たに同じものをアップするといったような流れになります。

すなわちレビューが消えてしまうのです。
なので基本的に一度決めた管理番号は変更しないものと考えておいた方が良いでしょう。

管理番号が重要となるポイント

ではどういったときに管理番号を変えないといけないはめに陥るのでしょう。

商品点数が増えてCSVを利用して更新をする場合がその1つです。
CSVを利用して管理番号であるカテゴリの商品だけをソートして内容を更新するのですが
管理番号が適当だとそれができないため大幅な工数がかかってしまいます。

また、在庫連動をする場合も変更が必要な可能性があります。
例えば楽天店とヤフーショッピング店で管理番号が違っていると在庫連動ができません。
これも管理番号を変更する必要がでてきます。

このように途中で管理番号を変更してレビューがなくなるような事態に陥らないために
ルールは最初からしっかり決めるようにしましょう。