楽天メルマガ有料化対策(配信コストを抑え、効率良く売上げアップを目指す秘訣とは?)

Date:2014.09.30
つい先日、楽天市場の出店料金変更に関するアナウンスがありました。出店料金については、来年度より消費税を含めた金額が課金対象となるため、ほぼ全ての店舗において実質、値上げとなりそうです。
 
また、それと同時に発表されたのが、2015年4月1日からメルマガの配信が完全有料化になるということ。現在の「週に1回の無料配信枠」が撤廃され、基本的にメルマガの配信は0.75円/通の「原則、すべて有料化」になります。これまでメルマガを中心に売上げ戦略を立てていた店舗にとっては、コスト的にかなり負担が大きくなりそうです。
 
これまではR-Mail Expressを利用していた場合、月額基本料(最大10万円/月)が必要でした。今回のメルマガ新料金プランが適応されると、この基本料金は無くなります。しかし、その反面、これまでのメール配信料(0.3円~1.0円/通)が一律0.75円/通に統一されます。
 
例えば、月額10万円の基本利用料を支払いつつ、0.3円/通の条件で月間100万通(無料配信枠を除く)を配信していたとします。
 
その場合、メルマガの配信コストは、、、
 
0.3円/通×1,000,000通/月=300,000円/月+基本利用料100,000円=400,000円/月
 
で済むところが、、
 
2015年4月1日以降は、、
 
0.75円/通×1,000,000通=750,000円/月
 
と、同じ回数メルマガを配信するだけでも、2倍以上のコストが必要となってきます。
 
 

※メルマガのコンテンツ自体は、ブラッシュアップされるかもしれないが。。。

1通あたりの配信コストが高くなる分、今以上にコンテンツを吟味する店舗様が増え、結果としてメルマガの質自体が向上する可能性が高くなります。無料配信枠を使った一部の軽率なメルマガが排除される分、お客様には厳選された良質なメルマガのみが届くというメリットが発生することも理解はできますが、販促ツールとしてメルマガを活用している店舗にとっては、コストアップが大きな痛手になることは間違いありません。
 
 
 

※今のうちに考えるべき有料化対策

基本、有料化になったとしても、これまでメルマガを販促ツールとして活用してきたとすれば、突然、配信をストップすることは難しいでしょう。また、そうすることによって顧客離れが進んだり、売上げダウンのリスクが伴う可能性も否定できません。それでは、メルマガ配信が完全に有料化になった暁には、どのような対策を考えれば良いのでしょうか?いくつかの手法をご紹介しましょう。
 
 
・配信件数を減らす
一通あたりの配信単価が上がると、コストを抑えるために配信件数を減らすことも検討しなければいけません。配信件数を効率よくシュリンクするためには、配信リストをセグメントする必要があります。
 
メルマガ配信が有料化されると、R-Mail Expressの機能がフルで利用可能となり、かなり細かいセグメントができるようになります。都道府県別、性別などのお客様の基本属性はもちろん、過去に購入した商品別、購入回数別、ラクーポン保有者、期間限定ポイント保有者などの絞り込みも可能となります。
 
これらの絞り込み機能を最大限に活用して、効率よく配信件数をダイエットして転換率アップを目指しましょう!
 
 
・連絡が必要な時を口実に、次の一手を考えておく。
購入経験者に対してリピート購入を促す上で、メルマガが最強のツールであるということは間違いないでしょう。しかし、配信コストが高くなると、メルマガを配信することなくアピールできる方法も考えなければいけません。どんな方法が考えられるでしょうか?
 

※注文受け付けメール、発送完了メールを活用する

殆どの店舗様では注文を受付した後の「注文受付メール」と、発送が完了した後の「発送完了メール」の最低2通は送っていると思います。商品が手元に届くまでの、お客様にとっては最もワクワクするタイミングに送信するメールなので、非常に高い確率で開封してもらえる絶好の機会と言えます。このメールに工夫を施せば、メルマガを配信することなく、次回購入へと導ける可能性が高くなります。
 
例えば、これらのメールのフッターにオススメ商品のリンクを設置したり、期間限定の割引、もしくは送料無料クーポンなどを掲載するのも良いでしょう。
 
ただし、購入時にメルマガの購読を拒否しているお客様も存在すると思うので、あまり長々と売り文句を書くと、かえって逆効果になる危険性があります。あくまでも、嫌味なく「サラっと」お得な情報をピンポイントで告知できるようなシンプルな内容にしましょう。
 
 
 

※商品発送時にDMやチラシを同梱する

商品発送時に売れ筋商品の一覧や、お得な情報を掲載したDMやチラシを同梱すると、次回購入の際のリマインドツールとして効果を発揮してくれそうです。なお、楽天市場で購入したお客様に対して、自社サイトや他のモール店舗へ誘導する案内は基本NGなのでご注意を!
 
 

※注意事項

現在、R-Mailエクスプレスに申し込んでいたとしても、新たに新プランへの申込みをしないと、2015年4月1日以降R-Mailの配信ができなくなりますのでご注意下さい。なお、2014年9月10日から2014年11月30日までに事前申し込みをされた場合は、2015年4月1日から2015年6月30日配信分までの3ヶ月間は、メール配信料(税抜)を20%割引の特典が受けられます。今後も引き続きメルマガの配信を検討中の方は、早めに申し込みをしておきましょう。