楽天サーチワード広告の効果的な運用方法

Date:2014.09.10

サーチワード広告は固定の費用を支払ってあるキーワードを購入。

それが楽天市場の検索結果と連動して1週間単位で掲載される広告です。

 

最近は細かな設定ができるという理由からCPC広告の方が好まれることが多いですが

今回はサーチワードの優位性について考えてみたいと思います。

 

 

※サーチワードの方が用意されている枠が多い

サーチワードの優位性として最も大きいのが枠の問題です。

 

サーチ系広告枠はPCで5枠、スマホで6枠となっています。そのうちサーチワード広告が4枠分表示されます。

すなわちサーチワード広告を4枠既に他社が買っていたらCPC広告は1枠しか出せないということです。

 

すなわちビッグキーワードで出稿する際はサーチワード広告の方が適しているということになります。

 

 

※スーパーセール期間中はサーチワードが有利

またスーパーセールなどアクセスが上がる際も当然費用固定のサーチワード広告の方が有利となります。

1クリック辺りの単価が下がるからです。

 

 

セット購入や定期購入で割引

サーチワードの購入方法ですがCPC広告に比べてアナログな部分があり

楽天ECコンサルタントから提案を受けることもしばしばあります。

 

その際セット売りや定期購入で割引が受けられることもあるのでサーチワード広告運用で費用対効果を出そうとするなら

積極的に楽天ECコンサルタントとコンタクトをとる必要性も発生します。

 

 

このようにサーチワード広告の優位性、特徴を加味した上で主にCPC広告と上手く組み合わせることによって

効果的な広告運用を行うことができます。