ソーシャルにプラスαするブランディング力

Date:2014.05.28

ソーシャルの鍵を開けて「知ってもらう」ことから
近年のソーシャルメディアのユーザー数の増加は、ECサイトを運営する上で切っても切れない現象となった。ユーザー層の多くは若者を中心に盛んに繰り広げられる友達同士の何気ない会話のやり取りや、企業間でも広告効果を狙ったものや口コミの効果もソーシャルならではの特徴ともいえる。そこでECサイト運営をする上で、ソーシャルをどう利用するのかということが重要な鍵となってくることは間違いがないといえる。たとえば、先ずは人気のソーシャルメディアにアカウントをつくり、最新の商品情報や商品とは関係ないことも触れたブログを積極的に更新してみる。そうすることで、消費者が何に興味を持っているのか簡単なマーケティングにも繋がるのだ。また、リンクを貼り付けて他企業とコラボレートしたりして企業の存在を「知ってもらう」ということが第一段階といえるだろう。


付加価値は体験をして有効化する
ソーシャルメディアの活用を駆使することを前提にしていくことと、そこに付加価値をどんどんプラスαしていくという向上心も企業継続の為に大切と言える。起業自体が未知の手探り状態から始まることから、実際に使用していくソーシャルのインフラも体験してみないと分からないからだ。アカウントを作ってみたはいいがソーシャルサイトが外国人作成のモノでそのコンテンツ自体が使いにくかったり、さっぱり意味の分からないという内容の物も良くある話しで有る。次に、付加価値として自身のECサイトのコンテンツを充実させる為に記事精度や商品写真の精度ということを意識していく。たとえば、塩を主力の商品として人気コンテンツに仕上げるには、その「塩」自体を有名人の様にブランディングしていくイメージで企画から行うというものだ。


「愛」を持った商品ブランディング
人のブランディングやプロデュースはよく聞く話しだが、此れはECサイト構築の際に主力となる商品にも存分に集客などに絶大な効果を上げることができる。たとえば、「塩」といっても世界に何百、何千種類と豊富な種類があるので、人気の商品となるような創意工夫をしていく訳だ。具体的には、ヒマラヤの岩塩といえば独特の過程を経て製品となる経緯がある。それを「体験記」として紹介記事に載せたりすることでヒマラヤ山脈に興味がある消費者や、採掘の記事や写真に興味を持って貰うことでファン心理を作り上げることができる。つまり、商品を人と同様に扱い愛情と熱意を持って育てていくという本質がECサイトを本物に仕上げる同義といえるだろう。