楽天マーケティングは経営者目線

Date:2014.02.25

楽天でのマーケティング手法と自社ECサイトでのマーケティング手法に大きな違いがあることはお聞きになったことがあるかも分かりません。

様々な比較方法があるとは思いますが今回は本質的な部分からの切り口で比較してみたいと思います。

 

 

楽天は経営者目線のマーケティング

まずは楽天から。楽天はより経営者目線のマーケティングといえるでしょう。

どういうことかというとテクニカルな要素よりも3C分析を踏まえて市場でのポジショニングを決定したり費用対効果を計ったりロードマップを作成したりといった要素の方が大きいです。

結局は楽天内でのマーケティングとなるためWEBマーケティング、WEB技術の要素の割合が低くなるので比較して経営者目線での要素が大きくなってしまうのかも分かりません。

よって楽天ではいきなり別業界より新規参入して経営陣が直接担当をしても成功する機会がままあります。

 

 

自社ECサイトはWEBマーケティングの要素が強い

 

一方自社ECサイトに関してはよりWEBマーケティングの要素が強くなります。

すなわちSEOだったりリスティングだったりアフィリエイトだったりです。

これらの要素はよりWEBマーケティングの知識が必要なため他分野で活躍してきた経営者がいきなり成功するのは難しく例えば学生時代から趣味でWEBマーケティングには携わっているようなたたき上げタイプが活躍する場と言えるでしょう。

こういった本質が理解できていない状況で同じようなスタンスで楽天と自社ECサイトに取り組んでも失敗は目に見えていますのでいまいちど社内の強み、人材などを振り返ってみてください。

ネットショップスタジオでは楽天マーケティングを突き詰めた楽天運営代行サービスを展開しています。ご興味のある方はお問い合わせください。