ウォンツ商品の売り方

Date:2010.11.29

ウォンツとニーズという言葉があります。
マーケティング用語でしょうか。

簡単に説明しますとウォンツの方がより要望が強いです。
もうほとんど買いたい商品が決まっていてその商品を探している状態
これがウォンツです。

ウォンツ型商材というのはほとんど買いたいものが決まっているユーザーが
その商品名を検索することによって比較する商材のことです。

例えばパソコンなんかはこれに当てはまります。
パソコンは買いたいものが決まっているユーザーは
型番で検索してショップのホームページに入ってきます。

また他にはブランド商材が当てはまります。
あるブランドの特定のラインを買いたいということが決まっているユーザーは
そのブランド名とライン名で検索してショップに入ってきます。

こういった商品の売り方は比較的簡単です。
こういった商品を扱えることは既に有利な状況にあると言えます。

なぜなら商品名で検索してもうほとんど買いたいというユーザーが入ってくるのだから
商品名で検索にひっかかるようにしておけば良いわけです。

普通に運営していれば商品名は入力しているでしょうから
何も知らず何となく運営をしていたらやたら売上が立っていた
という状況もありえます。

ただしもちろん欠点もあります。
お分かりかと思いますが価格競争です。

よってこういった商材の場合他社より安く仕入れるルートを持っているか
他社には扱えないような商材を扱うことができるか
といった仕入れ力がないとなかなか勝負ができません。

もしそれらが扱える場合。
ネットショップでは非常に有利な立場にいるといえます。