ニーズマーケティング

Date:2010.11.30

先の記事でも書きましたが
マーケティング用語にウォンツとニーズという言葉があります。

簡単に説明しますとニーズの方がより要望が弱いです。
何となく買いたいものがあるけど具体的には決まっていない。
これがニーズです。

ニーズ型商材というのはある効用を得たいと思ってそれを満たすものを求めているが
具体的にどういう形状をしているものなのかは決まっていない
といった商材のことです。

例えばノンブランドの洋服なんかはこれに当てはまります。
寒くなってきたら上はおる服はないけど何かかっこ良いものないかな。
といったユーザーが上に羽織る服を探します。

これは非検索型商材といっていますが
なかなか検索キーワードが見えてきません。

かっこ良い。上に羽織る。服

こんなキーワードで検索したところで目的の商材にたどり着くことができないことは
どんなユーザーだって分かっています。

こういった商材を扱っている場合売るのはちょっと難しいです。
商品を単純にウェブ上にアップロードするだけではなかなか売れません。

どう売るか。
基本的には広告を打つしかないでしょう。

しかもキーワード系の広告はダメです。
視覚に訴えかけることのできるHTMLメルマガやWEB系の広告を打つ必要があります。

広告を打つとなるとその受け口となるランディングページの作成も必須となります。


ということでニーズ型商材を扱っている店舗の場合
売上を立てるのはなかなか努力がいるのです。