楽天検索結果画面の変更について

Date:2010.10.27

今回は楽天市場の検索結果画面の変更についてのお話です。

楽天市場ユーザー全体の60%が
楽天市場内の検索からの売上と言われています。

ということはここの部分の対策を行わないことは
自ら売上を捨てているということになります。
楽天代行を行う上でも非常に重要視するポイントです。

お気づきの方も多いかと思いますが最近楽天は
この検索結果画面をリニューアルしました。

やはり楽天としても検索が重要だということで
ここにきて色々システムをブラッシュアップしている感があります。

どの辺りが変更になったかといいますと
大きくは2つです。

1.お勧め複合ワードが表示されるようになりました。

例えば検索窓に「お歳暮」と入れると
自動的に「お歳暮 早割り」や「お歳暮 送料無料」
など検索される回数の多いキーワードが表示されます。

これによってユーザーのニーズを知ることができ
対策を打つことができます。

これは非常に大きい変化だと思います。

2.タイトルとキャッチコピーが分かれて表示されるようになりました。

今まではキャッチコピーが表示された後に続けて商品名が表示されていたのですが
新しく商品名が上に大きく表示されて
その下に小さくキャッチコピーが表示されるようになりました。

これも大きな変化です。
今までと同じ言葉の入れ方をしていると外からの見え方は変わってくるわけですから。

この2つはとても大きな変化だと思いますので
早めに対策を取られることをお勧めします。