ロングテール戦略を使う

Date:2010.11.18

今回はロングテール戦略についてのお話です。

ロングテール戦略というのはそもそも何なのか。

eコマースにおいて言えば商品点数を多く扱って
一部のメインではない数多くの商品が上げる売上が
結果として大きな売上につながっていくという戦略です。

この戦略はeコマースにとっては重要な手段ですが
この戦略をとるためには気をつけるポイントがいくつかありますので
それをご紹介します。

 

商品登録

まず気をつけなくてはいけないのが商品登録の方法です。
当然数多くの商品をアップロードする必要があるため
スムーズな商品登録の方法が求められます。

CSVを利用する方法でも手作業で登録する方法でもどちらでもかまいませんが
ルールづけを明確にして
できる限りしっかりとした見た目のページを
できる限り簡単に作成できる方法を模索すべきです。

商品ページの回遊性

トップページなどよりもより商品ページの回遊性に意識をして
ページ作成を行う必要があります。

なぜならトップページと数多く存在する商品ページでは
圧倒的に後者のページビューの方が多いからです。

商品ページを見たユーザーがどのような情報を求めているのか。

それを提示してあげる必要があると思います。

ロングテール戦略を実行する場合
この2つの項目についてチェックすることをお勧めします。