楽天データ分析を活用したEC戦略立案方法

Date:2021.02.02
目次

※EC戦略を立案する上で有効な分3C分析

※最も重要視すべき自社分析

※成長市場を見つけ資本投下

※競合分析を行い差別化ポイントを探る

※勝ち続けられるECサイトを目指して

市場、競合、自社を鑑みた3C分析を行うことで、勝ち続けられるEC戦略を立案することが可能です。
ビックデータを使いながら、定量分析を行い、勝てる市場を見つけて、攻める市場の優先順位を決めていきましょう。

 

※EC戦略を立案する上で有効な分3C分析
EC戦略を立案する上で、有効な分析方法は、3C分析です。
3C分析は定量分析に適した方法で、市場、競合、自社を鑑みながら、攻めていく市場の優先順位、市場に対して投入すべき商品ラインナップを確定させます。それが戦略の基礎となります。

 

※最も重要視すべき自社分析
3C分析の中で最も重視すべき項目は自社です。自社の歴史や製造能力、製品ラインナップ等をよく分析し、何が強みかを考えます。
自社を重要視するのはポイントで、自社の資産を有効活用した戦略を作ることによって、他社に真似をされづらいので、半永久的に勝ち続ける、持続可能な戦略を築くことができます。

 

※成長市場を見つけ資本投下
自社の強みを洗い出したら、次に考えるのは市場です。主に市場規模が十分かどうかをビックデータを元に分析します。いくら自社の強みが強くでも、市場が存在しないところでは勝負することができません。
市場を創り出すという選択肢もありますが、かなり難易度は上がることになります。すなわちPRなどの技術が必要になったり、多くの広告費を必要とします。
また、市場シェアの分かれ具合や、マーケットライフサイクル等も分析の価値があります。他社が圧倒的な市場シェアを占めていたら参入は難しいですし、マーケットライフサイクルが成熟に向かっているような市場であれば、後発で参入するくらいなら、きっぱりと諦め、成長市場に参入してそこに資本投下した方が上手くいきます。
また、市場価格も重要な要素で、市場価格から外れている場合はかなり売るのに苦戦します。特に高くて高機能な場合、売りたい気持ちは分かりますが、そういった高価格帯を望むユーザーのシェアがそもそも少なく、売上を作っていく上では難易度が高いと言えるでしょう。

 

※競合分析を行い差別化ポイントを探る
自社と市場を分析したら、最後に考えるのは競合です。参入したい市場が決まったら今度は競合の商品のショップや売れ筋商品を分析します。
価格帯や訴求ポイント、消費者からの評価等が分析のポイントです。他社の訴求ポイントとそれに対する消費者の評価を見ながら、自社はどういった差別化ポイントを打ち出していくべきかを考えます。
もし他社よりも価格が高い場合は、その価格差が差別化ポイントで埋められないと、購入してもらうことは難しくなります。
また、差別化ポイントが消費者に求められているポイントであれば、大きくシェアを伸ばし、売上を伸ばすことが可能となります。

 

※勝ち続けられるECサイトを目指して
このようにビックデータを用いて、市場、競合、自社の3C分析を行うことによって、EC戦略を立案することで、勝ち続けられるECサイト構築が可能です。