季節商材の売り方

Date:2018.03.10

「シーズン時には売れるけど、シーズンオフには全く売れない。。。」季節商材を扱う方なら一度はそう感じたことがあるあるでしょう。季節商材を扱っていく上で売り方はどのように考えて行けば良いのでしょうか?今回は季節商材の売り方についてみていきます。



※まずは「売れる時期にもっと売る」を考える
季節商材を扱う上で王道とも言うべく「最も腑に落ちる考え方」は、「売れる時期にもっと売る」ということです。ユーザーのニーズが高まっているタイミングで露出を増やし、シーズン中の売上げの最大化を目指すという考え方です。露出の高め方はズバリ、広告やメルマガなど。季節商材のピーク時には商品を見てもらうだけで売上げが大きく伸びる可能性が高まります。さらに、まとめ買いや贈答需要などを促すように商品を上手にアピールしていくことで売上げをMAXまで引き上げることが期待できます。季節商材を売るには、やはりその商品毎のピークを目指して在庫を積み、販促をうまく絡めながらユーザーのニーズを取り込むことが最も効率が良い売り方です!


 

※メンテナンス商品を提案する
シーズンオフになると、売れないからといって何もしないわけにはいけません。季節商材が売りにくいながらも、少しでも売上げを確保する工夫が必要です。特定の季節にしか採れない季節の食材(消費財)などは例外ですが、繰り返し利用可能な耐久商材であれば、メンテナンス商品などの関連商材を販売することができます。季節商材をスッキリと収めれれるケースや置き場、良い保管状態を保つためのお手入れセットなど、シーズンオフの間の取り扱い方法を分かりやすく提案しながら関連商材の販売に注力してみましょう!


 

※シーズンオフに割引して販売する
季節の果物など、シーズンオフに用意することができない商品は除きますが、通年、在庫を確保できる商材に関してはシーズンオフに割引をしてお得感をアピールする販売戦略を試してみましょう。割引することで「どうせ使うから買っておこう」という需要を囲い込むことができるかもしれません。シーズンオフであっても、少しでも売上げが確保できる取り組みを忘れないでください。



 

※シーズンオフに「必要な人への贈答品」として提案する
世間がシーズンオフだとしても、その商品を必要としている人は多少はいるはずです。例えば、水着。シーズンはもちろん夏ですが、夏以外でも水着を必要とする人はいます。日本は冬でも東南アジアや南半球をはじめ、世界に目を向ければ気温が高い地域はいくつもあります。そんな人たちにとっては海外に出かけるときが「需要のピーク」なのです。さらに、本人が水着を買わなくても、日本が寒い時期に旅行に行く家族や親戚、友人がいれば、贈答用で水着が売れるかもしれません。もしくは、年中水着を扱っているお店の情報を実際に旅行に行く人に教えてあげるということも考えられなくはありません。

贈答用品として購入してもらうためには、日頃から「プレゼントに最適!」という啓蒙をしておく必要があります。プレゼントしてあげたいと思ったときに思い出してもらえないと意味がないからです。シーズンオフでも何らかのアプローチ方法でユーザーに提案し続ける。。。



この継続的な努力こそが季節商材の売り方にはとても大事なことなのです。