楽天の売り方と他モールとの違い

Date:2013.04.03

売上の伸びを効率化する多店舗展開

ネットショップ運営において多店舗展開というものは必須の戦略となってきます。

初は当然1店舗でネットショップ運営を始めその店舗の売上を上げることに注力するのですがいずれかのタイミングその1店舗の売上が上がり切ってしまい
そこにかける人件費に対して売上の伸びが鈍化してしまうタイミングがやってきます。

そういった場合多店舗展開、すなわち2店舗目を出店することによってかける人件費に対する売上の伸びを効率化することができます。


同じ方法で2店舗目を出店すると必ず失敗する

そういった理由でネットショップには必ずといって良いほど多店舗展開のフェーズがやってきます。

その際に意識しておかないといけないことが
楽天、ヤフーショッピング、自社サイトでは売り方が全く異なるということです。

1店舗目を楽天で始めた方は楽天での売るためのノウハウが突出しています。
また1店舗目を自社サイトで始めた方は自社サイトで売るためのノウハウが突出しています。

そしてそれらのノウハウで2店舗目も運営していこうとします。

そうしたら必ず失敗します。

それは楽天、ヤフーショッピング、自社サイトで売り方が全く違うからです。
かっこよく言ったらそれぞれでマーケティング手法が異なります。


SEO対策のノウハウもそれぞれで全く異なる

例えば少しノウハウをお話ししますとSEO対策一つをとっても
楽天、ヤフーショッピング、自社サイトにおいて全くことなります。

楽天の場合はメインになるのは楽天内SEO対策、
ヤフーショッピングの場合はメインになるのはヤフーショッピング内SEO対策
自社サイトの場合はgoogleのSEO対策、いわゆる普通のSEO対策ですね、がメインとなります。

これらのSEO対策の手法が全く異なるのでそれだけでも全く別のノウハウが必要となります。
楽天で得意な方がいくらレビューを集めても他では効果が出ません。
自社サイトで得意な方がいくら被リンクを集めても他では効果が出ません。


楽天、ヤフーショッピング、自社サイトではそれぞれの売り方があり
それを研究する必要があるのです。

決して複数サイト全てをコピーして移行するだけでは売上が上がっていかないのです。