メーカーの販路拡大先としての楽天

Date:2012.09.19

実は最初から決まっている出店すべき場所

ネットショップを開業しようと決めたときに必ずみなさんが最初に悩むポイントがあります。
それは楽天などのショッピングモールに出店すべきか
それとも独自ドメインを取得し自社サイトで出店すべきかでという点です。

実は答えは取り扱うことのできる商材だったり会社の性質だったりという点で決まっています。

メーカーにおいてその答えは自社サイトということになります。
すみません、楽天営業担当の方…


メーカーにとってショッピングモールが不利な理由

楽天などのショッピングモールでは訪問客が商品単位で探しています。
ということは集客する側からしたら商品単位で集客する必要があります。

売上を上げるためには当然アクセス数を増やさなければなりませんが
商品単位の集客となると1つの商品辺りのアクセス数を増やすか商品点数自体を増やして全体のアクセス数を増やすかの2択です。

まずメーカーの場合商品点数自体を増やすことができません。やろうと思えば商品開発するしかありません。
ところが小売店の場合は他のメーカーから仕入れれば良いので簡単に商品点数を増やすことができるのです。

また、メーカーにとって1つの商品辺りのアクセス数を増やすことも困難です。
なぜなら卸し先(小売店)が数多く同じ商品を扱っているからです。

1つの商品辺りのアクセス数を増やそうと思えば彼らに勝つ必要がある。
小売店の場合は他のメーカーの商品も扱えるためアクセスが集めやすく
またメーカーは値下げをすることができないが小売店の場合取決めによってはそれも可能なため
結果として1つの商品辺りのアクセス数を増やすのも小売店に比べて不利ということになります。

もしメーカーがショッピングモールへの出店をしたいのであれば他の小売店に対して楽天出店制限をかけるしかないです。


自社サイトで有利になるメーカー

一方ショッピングモールを諦めて自社サイトに出店した場合は様子が異なってきます。

自社サイトの場合は集客が商品単位ではなくページ単位になります。
商品を増やすことは困難でもページとなればいくらでも増やすことができます。

むしろメーカーは最も商品に近い位置にいるわけなので商品のあらゆる部分を切り取ってコンテンツを増やしていくことは得意なのではないでしょうか。

自社サイトかショッピングモールかの選定を間違った時点で売上を上げるのが難しく
実際そうなってしまっている企業はあまりにもたくさんいます。

皆さんもこの選定は慎重に。