長期休暇中の楽天市場での売り方

Date:2014.12.31

ちょうど今、年末年始の「長期休暇」のタイミングです。この時期に需要が高まる季節商材を扱う一部の店舗を除くと、多くの店舗がお休みされていると思います。世間も「お休みムード」が漂っています。皆様は年末年始の長期休暇に備えて、どのような販売戦略を実践されたでしょうか?

 
ネット販売において「長期休暇中はあまり売れない!」というのがこれまでの通説でした。長期休暇中は外出している人が多く、外出先ではパソコンを見ないというのが主な理由でした。ところが、最近ではスマホやタブレットが急速に普及してきたおかげで、出先でも手軽にインターネットにアクセスすることができます。その影響で実際にスマホとタブレットの売上比率が急速に伸びている店舗様も多いことでしょう。
 
ネット販売を取り巻く環境は、ここ2〜3年で大きく変化しました。スマホを新しい受注チャネルとして考えると、これまでの固定概念も変わってきます。すでに「長期休暇中はあまり売れない!」時代ではなくなってきているのです。では、どのように販売戦略を組み立てていけばよいのでしょうか?
 
 
 

※メルマガを活用する

長期休暇中、外出先から顧客が自発的にサイトを訪問して商品を購入するケースは少ないです。いくら良い商品を揃えていても、消費者に気付いてもらえないと買ってもらえません。その「気付き」を促すためにもメルマガを活用しましょう。
 
最近ではパソコン向けのメールをスマホに転送したり、そもそもメルマガを受信するアドレス自体をスマホのアドレスに変更している人も少なくはありません。そのため、長期休暇中のメルマガ開封率は以前より高くなっていると推測できます。
 
検索経由など「待ちの売り方」が難しいタイミングだからこそ、最高の情報伝達ツールであるメルマガを活用して「プッシュ型の売り方」を強化するべきです。
 
 
 

※掲載する商品を絞り込む

出先でも思わず「今買いたい!」と思ってもらえるように、メルマガに掲載する商品数は点数を絞り込むことをオススメいたします。目玉商品を一つだけ掲載して、グリーティングメールで送るのもよいでしょう。重要なポイントは「ユーザーを迷わさないこと」です。もともと購買意欲が低いシチュエーションから購入へ転換させるには、情報がシンプルで選択肢が少ない方がベターです。
 
 
 

※インパクトのあるメルマガタイトルを考える

限定感、特別感を演出するために、メルマガタイトルはインパクトが強い文言を含めましょう。
 
・例)
 奇跡の再入荷!
 期間限定超特価!
 在庫限りの大特価!
 無くなり次第終了!
 早い者勝ち!
見た人だけが得をする!
etc...
 
 
インパクトが強くても嘘や偽りはNGなので、やり過ぎにはくれぐれも気をつけてください。
 
 
 

※どんな商品が向いているか?

長期休暇中に売りやすい商品は、ズバリ「ついつい買ってしまいそうな商品」です。値引率が高い商品だったり、 置いていても困らない消耗品などがお勧めです。
 
また家族連れで出掛けている事を前提に考えると、子供向け、奥さん向けの商品など、自分用以外の用途で使える商品もよいでしょう。「どうせなら買っておこうか。。。」と思ってもらえたら勝ちです!
 
 
 

※スマホページの作り込み

出先でメルマガをスマホやタブレットで受信することを前提に考えた場合、閲覧するページはスマホ向けページの可能性が高いといえます。メルマガでプッシュする目玉商品は、少しでも商品の魅力が的確に伝わるようにスマホ向けのページを作り込んでおきましょう。
 
 また、商品サムネイル画像の枚数を増やしたり、動画をアップしておくと、パソコン向けページのように表現力が高いコンテンツに仕上がります。
 
 

※お届け予定日を明記しておく

出先から買い物する場合、消費者は家に帰宅する予定に合わせて商品を注文します。「今日注文するといつ届くか?」「納期の指定はいつから可能か?」など、商品のお届けに関する情報を丁寧に説明しておきましょう。
 
 
今回、このネタをアップしたのは年末年始のタイミングでしたが、お盆休みや、ゴールデンウイークなどの長期休暇中であれば、応用できるネタでず。ぜひ活用してみてください。