楽天と自社ネットショップの集客比較とそれに伴うサイト構成の違い

Date:2012.11.05

楽天と自社ネットショップの集客比較とそれに伴うサイト構成の違い

楽天と自社ネットショップでは集客方法が全く違いそれに伴ってサイト構成自体も変える必要があります。

楽天で売れて自社で売れないパターンとその逆パターン

結構良くあるパターンが楽天でうまくいったからそのまま自社ネットショップも出そうぜとか自社でいまいち集客がうまくいかないから集客の強い楽天に出そうぜとかあります。
それはそれで間違ってはいませんが楽天と自社ネットショップそれぞれの集客の流れを理解していないと遠回りすることになってしまいます。

だから楽天では月商何千万円と売っているショップが自社ネットショップになると何百万規模しか売れなかったり逆に自社ネットショップで売れているのに楽天に出店したら全く売れなかったりというショップが存在します。

そういう場合結構複数店舗においてサイト構成が全く同じという場合が多いです。
サイト構成を全く同じにした方が更新の効率は良いですが
基本的に集客の流れが違うのであればサイト構成は変える必要があります。そうしないと売上という面において効率が落ちます。

それらのショップはどうなっていくかというとやっぱり売れるのは楽天だな、自社ネットショップだなということになり売れている店舗の方にさらに力を入れるようになるので売上に差ができていってしまうのです。

という末路にならないためにもそれぞれの集客の流れとそれに伴うサイト構成のご提案をします。

楽天は商品単位で集客、自社はページ単位で集客

結論から言うと楽天は商品単位で集客、自社ネットショップはページ単位で集客です。
これさえ分かっていれば大丈夫です。

なぜそうなるかというと楽天検索の検索結果には商品が並び、google検索の検索結果にはページが並ぶからです。

もう少し突っ込んで言ってしまうと楽天でどれだけ素晴らしい特集ページを作成したとしても検索にはヒットしないということです。
自社ネットショップで競合よりも商品価格を落としたり送料無料のサービスをしてもoogle検索にヒットする回数は変わらないということです。

ではこの集客の違いに沿ってどのようにサイト構成を変化させていけば良いのでしょうか。

楽天は商品ページを作り込み

楽天の場合商品ごとに集客してくるため商品ページを作り込む必要があります。
商品ページに全ての情報を入れ込みそこからの回遊性を意識した作りにする必要があります。
だから楽天の商品ページは長いのです。
ヒット商品があるのならそのページから順番に作り込んでいくとより効果的でしょう。

逆に集客という意味ではカテゴリページを作り込む必要はありません。
カテゴリページを作り込んでいるのはまた別の意味があります。

自社は専門店的な見せ方

一方自社ネットショップの場合はページ単位の集客なので商品ページからだけでなくトップページ、カテゴリページからも集客ができます。

商品ページは商品単体ですがトップページやカテゴリページは商品のまとまりです。
強烈なヒット商品がなくても商品群をまとめてトップページやカテゴリページを作り込み専門店的な打ち出しをすることによって集客をすることが可能となります。

このことを意識していれば必然的に楽天と自社ネットショップにおいてはサイト構成が変わってきて当然です。

もし楽天か自社ネットショップ、いずれかの店舗で売れているのにも関わらずもう一方の店舗で効果が出ないという状況にあるのならばこのそれぞれの集客の違いを意識しながらサイト構成を変えてみることをお勧めします。

ネットショップスタジオのネット通販代行では楽天と自社ネットショップにおける戦略の違いを明確にし
それに沿ってそれぞれに合った施策を実行しネットショップ運営をしていきます。

関連するノウハウ

売上アップの近道は『凡事徹底』の繰り返し|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2021.07.19
売上アップの近道は『凡事徹底』の繰り返し

納期の重要性|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2021.06.17
納期の重要性

外部物流の活用法|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2021.04.17
外部物流の活用法

新規顧客の客単価アップを目指す!|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2021.04.05
新規顧客の客単価アップを目指す!

適正在庫の見極め方(コロナ禍編)|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2021.03.17
適正在庫の見極め方(コロナ禍編)

販売数アップのための着目点|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2021.03.03
販売数アップのための着目点

販売価格設定の基本概念|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2021.02.18
販売価格設定の基本概念

ネットショップスタジオのEC収益化のアプローチの仕方|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2021.02.02
ネットショップスタジオのEC収益化のアプローチの仕方

売りたい商品と売れている商品|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2021.01.02
売りたい商品と売れている商品

サービス提供のボーダーライン|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2020.10.18
サービス提供のボーダーライン

売上げが下がった時に着目すべきこと|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2020.10.03
売上げが下がった時に着目すべきこと

楽天市場のリピート施策|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2020.09.19
楽天市場のリピート施策

広告の更新頻度|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2020.07.18
広告の更新頻度

検索機能の陳腐化|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2020.07.01
検索機能の陳腐化

RPPとアイテムマッチの活用法|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2020.05.17
RPPとアイテムマッチの活用法