googleショッピングが及ぼす影響

Date:2010.12.30

2010年10月28日googleがgoogleショッピングというサービスをスタートさせました。

これはショップ側がgoogleショッピングに商品登録をしておけば
検索にひっかかってくるというものです。

まだまだスタートしたばかりで全貌は明らかになっていませんが
これはネットショップ業界の勢力図を大きく変えかねない事態だと個人的には思っています。

現在ネットショッピングをしようと思ったユーザーがどのサイトを見るかというと
やはり楽天市場でしょう。

なぜなら楽天市場に行けばより良い商品が安く見つかるからです。
Yahooやgoogleで検索するよりも楽天市場で検索した方がより良い商品を安く
見つけられることをユーザーは分かっているわけです。

その楽天市場の検索市場でのシェア占有率は2%程度。
Yahooの60%、googleの30%と比べると大きく落ちます。

でもなぜ楽天があんなに大きな売上を上げられるのか。

Yahooやgoogleの検索に比べて購買意欲が高い人が検索をするため
2%程度のシェアでも十分やっていけるわけです。

そんな中googleが商品検索サービスをスタートさせるわけです。
正直検索の精度でいけばgoogleはめちゃめちゃ良いです。

商品登録の点数さえ増えれば楽天市場で検索するよりも
より良い商品がより安く見つかるという事態にもなりかねません。

そうなるとどうなるか。

ユーザーは楽天市場ではなくgoogleで商品を検索するようになります。
当然楽天市場の売上は下がります。

さらにgoogleとyahooが提携したお話はみなさんご存じかと思います。
既にシステム的な部分では統合が進んでいて
現在検索結果がほぼ同じという状況になっています。

Googleとyahoo合わせると検索のシェアが9割です。

あれだけ調子の良い楽天でさえ2%です。

これは何か起きるでしょう。
要チェックです。