広告の反応を取るために必要な要素

Date:2016.12.01

「広告を利用したのに、効果が全くなかった。。。」

 

皆さんはこんな経験をされた事はありませんか?

 

ネット販売で売り上げを伸ばしていく上で、広告はとても重要な役割を果たします。しかし、その使い方を誤ると、思ってたほどの効果が得られない場合もあるのです。

 

「広告を利用するときには、どんな事を気を付ければいいのか?」「もし、うまく成果が出なかったとき、どんな事に着目すればいいのか?」

 

今回は広告運用を成功させるために意識すべき事を考えてみようと思います。

 

 

 

※売れるための要素を備えているか?を考える

広告を掲載する上で最初にやらなければいけない事は「掲載する商品を決めること」です。掲載する商品のセレクションを誤ってしまうと、広告にを活用しても効果を得ることが難しくなります。掲載商品を選ぶ上で大切なことは、その商品が「広告で露出を高めることで売れる要素を備えているか?」ということです。人目に触れることで売れる可能性を秘めている商品でなければ、広告に掲載したしたところで売れる可能性は低いなってしまいます。

 

では、そもそも「売れるための要素」って何でしょうか?それは、消費者が購入しても良いと思う「魅力」と「価格」の両方を備えている商品です。皆様が普段ネットで商品を買うときも、無意識で「その要素」をふるいに掛けて購入するか否かを決めているはずです。

 

「魅力のある商品を消費者が購入たい価格で提供する。。。」

 

まず、このことが広告掲載商品を選抜する上で最も重要なことであるということを理解しておきましょう!

 

 

 

※掲載する広告媒体(種類)を選ぶ

広告に掲載する商品が決まったら、次に掲載する広告媒体(種類)を選びます。大手ショッピングモールの広告で最も一般的な広告は、、

 

1.リスティング広告(検索キーワード連動型広告)

競争相手が多い商品の露出強化に適した広告

 

2.Web広告(特定ページに一定期間掲載する広告)

常に提供できる定番商品で、ロングテールで販売を強化したい商品に適した広告

 

3.メルマガ広告(モール側が配信するメルマガに商品を掲載する広告)

季節商材など、短期間に多くのユーザーへアピールしたい商品に適した商品

 

の3種類です。

 

それぞれ性質が違う広告で、取扱商品によっても向き不向きがあるので、事前にどの媒体にどんな商品が掲載されているパターンが多いかを研究しておきましょう。

 

 

 

 

※広告を掲載するタイミングを考える

同じ商品を、同じ内容の原稿で、同じ媒体に掲載しても、掲載するタイミングによって効果が異なる場合があります。この事を理解しておかないと、、、

 

一度掲載して反応が取れなかった=反応が取れない広告

 

と誤って判断してしまう事になります。

 

売上げが上がったり下がったりするタイミングは、モールで開催されるイベント、給料日、ボーナス支給日、曜日、さらには天候や気温まで影響を及ぼすことがあります。どうせ広告を掲載するなら最も反応が取れそうなタイミングを狙いたいところですが、そのためには過去の自店舗の販売実績のみならず、業界全体の流れや、出店しているモールのトレンドを読み取ることが必要となります。広告を掲載するタイミングを見誤ると、広告の効果を最大限に高めることができない可能性があることを理解しておきましょう。

 

 

 

 

※「売れる商品をもっと売る」事が最も効果的!

広告の効果を最大限に高めるためには、すでに販売実績がある商品を「もっと売るための手法」として活用することです。それは全く売れない商品を売れるようにするより、売れている商品をもっと売る方法を考えた方が売上げを確保することが簡単だからです。

 

もちろん、売れない商品を売れるようにするために広告を活用したいというニーズもあるでしょう。しかし、その場合、その商品の売れない理由が分かっていないと、いくら広告に掲載したところで売れるようになりません。また、売れなかった商品が広告に掲載することで売れるようになった場合は、「なぜ売れたか?」という理由が理解出来ていないと、次の売れ筋商品を育てる時に応用が利きません。

 

広告を活用するということはコストが発生するということです。もちろん、やってみないと分からないこともありますが、もし広告の掲載が失敗したのであれば、タダでは転ばず次に活かせるルールと経験値をモノにしないと意味がありません。広告を活用して成功している商品は、こういった地道なスタッフの苦労があるからこそ成功しているということを認識しておいてください。