楽天市場におけるレビューガイドライン変更について

Date:2015.12.15

2015年11月より楽天市場における「みんなのレビュー」に関するガイドラインが大幅に変更されました。その内容は、「一部例外を除き、レビュー投稿を条件に特典を付与することを原則禁止する」というものです。商品レビューはユーザーにとって商品購入の判断基準になるだけでなく、楽天市場内で検索上位に表示させる上で重要な要素となります。そのため、少しでも多くのレビューを集めようと、「レビューを書いて●●プレゼント」や「レビューを書いて送料無料」などの特典を購入者に提供する店舗様も少なくはありませんでした。ところが、今回のガイドライン変更に伴い、これまでの手法が全く利用できなくなってしまうのです。

 

禁止事項の概要について

今回のガイドライン変更で着目すべきポイントは、「今回の注文の値引きや送料無料などは一律禁止する」ということです。

 

×:今回の注文を送料無料にすること

×:今回の注文を値引きすること ※金額修正による値引きも不可

×:今回の注文のキャッシュバックを行うこと

×:今回の注文におまけを同梱すること

 

など、今回の注文に対する特典を提供することはすべて禁止事項となります。

 

すなわち、商品を発送する前の段階で特典を約束することは、商品到着前にユーザーに対してレビュー投稿を促す可能性があり、商品そのものの感想や使用感をユーザー同士で共有するというレビュー本来の「目的、公平性、信頼性」を損なう危険性があるということから全面禁止の措置が取られることになりました。

 

この原稿を執筆中(2015年12月14日現在)は、まだ猶予期間ですが、店舗側は2015年12月末までには当該キャンペーンを中止しなければいけません。

 

レビュー投稿を条件として付与可能な特典と条件

今回のガイドライン変更に伴い、商品を発送する前にレビューを確約して特典を付与することが禁止となりました。しかし、以下の条件に当てはまる場合のみ、例外として事前にレビュー投稿による特典を告知することが可能となります。

 

・今回の注文の値引きに該当しないこと

・商品発送およびレビュー投稿後に次回以降の購入時に利用できる特典を付与すること

 

例えば、商品到着後にレビューを投稿したユーザーに対して、「次回送料無料クーポン」「次回○○円割引クーポン」「次回○○%割引クーポン」等、今回の注文の値引きに該当せず、商品発送およびレビュー投稿の確認後に付与できる特典に関しては例外として事前の告知が認められます。

 

しかし、その場合、楽天市場から提供される「レビューチェックツール」などを活用して、ユーザーのレビュー投稿確認をする必要があります。また、購入者に対してレビュー投稿時の同意画面にて「ショップへ注文番号を知らせる」にチェックしていただく必要がある旨を記載しなければなりません。どのユーザーからレビューが投稿されているかを確認してからでないと、特典を付与することができません。

 

さらに、レビューの内容や評価によって特典内容を変えることは公平性を損なう恐れがあるため、一律の条件で特典を付与することが条件となります。レビューコンテストや、レビュー投稿者の中から抽選で●●プレゼントといったレビューの内容によって特典を変えるという行為も禁止となりますので注意してください。

 

ガイドライン変更のまとめ

今回のガイドライン変更は非常に分かりにくい部分が多々あります。今後、さらに細かく内容が制定される可能性もありますが、現時点で確定していることは、、

 

1.レビュー投稿を条件に、商品発送前にユーザーに特典を付与することは禁止(値引き、送料無料など)

2.商品発送時に粗品などを同梱することは禁止(レビュー確約で粗品進呈など)

3.レビュー特典を事前に告知する場合は、特定のルールに従うこと

4.特典を付与するためには、商品発送後、およびレビュー投稿後であること

5.店舗側は「レビューチェックツール」などを活用し、必ずレビューが投稿されていることを確認してから特典を付与すること

6.レビュー投稿後に付与する特典は一律の条件で付与すること

 

です。

 

ガイドラインの概要は、RMS店舗運営マニュアル

 

 

マニュアルトップ> サポート> 楽天市場ルール・ガイドライン・関連法規集> みんなのレビューに関するガイドライン(出店者向け)

 

 

 

に記載されていますので、一度、目を通しておくことをお勧めいたします。また、上記ガイドラインだけでは判断できない場合は、必ず、担当ECCに確認してください。現状ではガイドラインに違反した場合の具体的な罰則は公開されておりませんが、無意識のうちに店舗運営の妨げとなるペナルティーを科せられるといったトラブルに巻き込まれないよう、今後、ユーザーレビューの集め方には細心の注意を払いましょう!

関連するノウハウ

【2021年7月発表】2020年EC市場規模・EC化率の分析と解説。メーカー企業が今後とるべき戦略|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2021.09.19
【2021年7月発表】2020年EC市場規模・EC化率の分析と解説。メーカー企業が今後とるべき戦略

コロナ禍と販売商品の移り変わり|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2021.05.17
コロナ禍と販売商品の移り変わり

2020年楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー受賞店舗から見る店舗にとって大切な事|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2021.02.02
2020年楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー受賞店舗から見る店舗にとって大切な事

コロナ禍におけるトレンド前倒し需要|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2021.01.19
コロナ禍におけるトレンド前倒し需要

SNSとECの融合|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2020.12.20
SNSとECの融合

予測!楽天スーパーSALEの行方|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2020.12.03
予測!楽天スーパーSALEの行方

Yahoo!ショッピングの異変と今後の方向性|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2020.11.17
Yahoo!ショッピングの異変と今後の方向性

楽天市場の近況とこれからの方向性|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2020.09.03
楽天市場の近況とこれからの方向性

コロナ禍のもう一つのプラス要因|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2020.06.17
コロナ禍のもう一つのプラス要因

ecトレンド(2020年5月中旬〜6月)|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2020.05.31
ecトレンド(2020年5月中旬〜6月)

コロナショック後のECを考える|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2020.05.03
コロナショック後のECを考える

新型コロナウィルスによるEC業界の変化|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2020.04.15
新型コロナウィルスによるEC業界の変化

どうなった?楽天市場3,980円以上送料無料の「その後」|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2020.04.01
どうなった?楽天市場3,980円以上送料無料の「その後」

楽天市場3,980円以上送料無料施策の行方|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2020.03.15
楽天市場3,980円以上送料無料施策の行方

楽天3,980円以上送料無料問題に向き合う|EC売上向上ノウハウ|ネットショップスタジオ
2020.03.03
楽天3,980円以上送料無料問題に向き合う