12月の販売戦略

Date:2017.12.16

12月はボーナス、お歳暮、クリスマス需要など、一年間で最も消費者の購買意欲が高まる月です。大手ECモールもこの消費の波に乗ろうと様々なセールを開催してきます。今回は「12月の販売戦略」と題しまして、12月の売り方について見ていきましょう!

 

※12月に開催される主なイベント

まずは、楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazon三大モールの12月に予定されている(もしくは開催済み)主なイベント企画について見てみましょう!

 

★楽天市場

1.楽天スーパーSALE(12/2 19:00-12/7 1:59まで)

・買い回りで最大ポイント36倍

・半額以下商品満載のタイムセール

・お得なクーポン配布

・その他、各店舗毎のポイントアップ&セール企画

 

 

2.楽天大感謝祭(12/16 20:00-12/21 1:59まで)

・買い回りで最大ポイント36倍

・タイムセール(半額未満の商品も数多く出品)

・お得なクーポン配布

 

 

3.超ポイントバック祭(12/22 10:00-12/25 9:59まで)

・買い回りで最大ポイント36倍

・期間中、購入金額に応じてポイントアップ

 

 

 

★Yahooショッピング年末プレミアム会員セール(12/6 12:00-12/22 23:59)

・プレミアム会員ならポイント最大46倍

・早い者勝ち!5% OFFクーポンを獲得

・ハズレなし!毎日引ける年末くじ

・半額以下6時間限定セール

・半額商品!約100万点のビッグセール

・さらに5の月日はポイント還元率UP

 

 

★Amazonサイバーマンデーセール(12/8 18:00-12/11 23:59)

・78時間限定のビッグセール

・50% OFF以上の今年最安値商品が多数出品

・2000万点以上のセール対象商品

 

 

大手三大モールだけみても、かなり積極的にセール企画が開催されています。その他、Wowma!やポンパレモールでも年末需要に向けたセールが数多く開催されています。

 

 

 

※企画の前倒しとバックアッププランの実施

各モールで開催される企画に上手に乗っかるのはもちろんの事ですが、更に効率よく売上げを伸ばすコツは「企画の前倒し」と「バックアッププランの実施」です。12月は一ヶ月を通じて各モールで様々なイベントが開催されますが、クリスマス需要が落ち着いてくる12月20日以降、年末の慌ただしさと長期休暇の影響で一気に需要が冷え込みます。(一部の季節商材を除く)従いまして、いつもの月より1週間以上期間が短いつもりで販売戦略を立てないといけません。クリスマス需要が終わると、予想以上に売り上げ確保が厳しくなるので。。。

 

お歳暮やクリスマス商戦は、需要がピークに達する少し早めのタイミングでセールを開催し、競合他店を出し抜く形で効率よく売上げを確保しましょう。そして、それでもまだ目標に達しないようであれば、予備のバックアッププランでユーザーを囲い込む。。。このように、シーズンの頭で優先的にユーザーのニーズを刈り取り、ニーズが下がり始める前にバックアッププランで畳みかけることで賢く売上を確保しましょう。他店と同じタイミングで手を打っているようであれば、資金力と情報の告知能力が高い大手に太刀打ちができません。少しでも早いタイミングで勝負をかけることがミソです。

 

 

※クリスマス需要以降も油断は禁物

クリスマス需要が落ち着く12月20日以降でも、その時の売上げ状況によって、モール主催で突発的にセール企画が開催される可能性もあります。各モールからのメールや管理画面に掲載される最新情報は油断せず毎日確認するようにしましょう!